新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」:選挙管理委員会は、リンク先に飛べる候補者公式ページリストを作らないのだろうか?

広く問題提起しようと思って、新潟日報モアに書いてみたのだけど、やはり読者限定ブログではなかなか広がらなかった記事。今回の選挙で、「なりすまし」を防ぐための手段と考えられていた、「都道府県選挙管理委員会」の立候補者リストの公式ページ情報が、あまりにひどかったという話。

選挙管理委員会は、リンク先に飛べる候補者公式ページリストを作らないのだろうか?|ソーシャル編集委員 一戸信哉「新潟ソーシャル時評」|モアブログ|新潟日報モア

なんと候補者リストは、クリックできないPDFファイルのままで、公開されています。少なくとも私の見ているPC環境では、候補者のリストの中に書かれているURLはクリックできず、直接候補者の公式ページにアクセスすることができませんでした。

新潟県選管の非常に不親切なPDFファイルに驚いて、各都道府県の状況を調べてみたところ、なんとどこも似たような状態だった。

私の見た範囲のすべての都道府県選管が、すべて同じフォーマットで表を作ってPDFで公開しています。大阪府選管では、Excel形式でも公開されていました。ひょっとすると、Excelで決まったフォーマットでデータを作成し、PDFに変換して公開するようにと、中央選管から通達が出ているのでしょうか。あるいは、その他法令上の定めにしたがった形式なのでしょうか。北海道選管のページでは、「掲載しているPDFファイルは画像データを元に作成されているため、アドレスバーにURLをコピーアンドペーストすることはできません。」と、大変不親切な宣言がされているのですが、別の見方をすれば、そのような形で情報を公開しなければならないとする、法令上の根拠が、何かあるのかもしれません。

——————
新潟日報モアについて:新潟日報モアは、新潟日報購読者向け無料サービス。世帯内で複数アカウントの発行は可能なので、新潟日報購読家庭であれば、すべての家族が登録可能だ。また、「購読予定」の人も登録ができるので、実は「これから登録しようかな」という人も、問題なく登録ができる(販売店が営業に来るのではないかと思う)。