朱鷺メッセとみなとぴあに連絡船はできないものか?


朱鷺メッセとみなとぴあに連絡船はできないものか?ICHINOHE Blog

新潟市万代島のコンベンションセンター「朱鷺メッセ」から、信濃川の反対岸に見える新潟市歴史博物館「みなとぴあ」。

新潟市歴史博物館みなとぴあホームページ

どちらかというと、「みなとぴあ」の方が知名度は低いのだが、新潟の治水の歴史など、じっくり見るとなかなか面白い常設展示があるところ。企画展も興味深いものが多い。

そこで考えたのが、朱鷺メッセとみなとぴあの渡し船、連絡船。実はどちらも普段やってくる人は少ないのだが、イベントになると朱鷺メッセにはそれなりに人が来る。こうした人達が、気軽に対岸に渡り、また戻ってこれれば、なかなか面白いのではないか。みなとぴあもまた、朱鷺メッセのイベントと連動した企画が立てやすい。

という趣旨のことをFacebookに書いたら、実は信濃川ウォーターシャトルの停留所に、朱鷺メッセのみならずみなとぴあも入っていることを教えていただいた。

新潟の観光は、水上バス信濃川ウォーターシャトル株式会社

残念ながら本数が多いとはいえない。どちらかというと、信濃川を通ってふるさと村の方にいくためのシャトルという性格のものなので、300円払って対岸に渡ろうという人は少ないだろう。

空港のサテライトターミナルに渡るシャトル、と全く同じ頻度とはいわないが、30分に一本程度でも運行してくれれば、朱鷺メッセでの大きなイベントの時には、気軽に対岸わたって、みなとぴあに行ってみようという人も出てくるのではないか?