Netpark

新潟日報のウェブがリニューアル、ソーシャルメディア対応:Facebook, Twitter, Google+への投稿が可能に


新潟日報のウェブがリニューアル、ソーシャルメディア対応:Facebook, Twitter, Google+への投稿が可能にICHINOHE Blog

新潟日報のウェブページ「新潟日報netpark」がリニューアルした。全国紙がデジタル化で大きな変革を続けるなか、いつ動き出すかと思っていたが、新社屋の完成にあわせてか、ウェブの方も「新装開店」となった。

新潟日報netpark

Netpark

スマートフォンにも対応しているという。

新潟日報モバイル|新潟日報netpark

PC版のページをiPhoneで開いても、特段画面が変わらないので、よく見てみるとモバイル版へのリンクがあり、広いてみたところ、上のようなページに誘導された。
携帯版、スマートフォン版のページは別になっていて、月額210円が課金されるということがわかった。なるほど、携帯キャリアからの課金を選択したということか。スマホユーザは、PC版でならちょっと見にくいけど無料、というのであれば、見やすいけど課金されるスマートフォンのページには、なかなか加入しないのではないかというのが、正直な感想。

PC版の画面はかなりスマートになった。これまで背を向けてきた(?)ソーシャルメディアにも対応、各記事の下の投稿用のボタンがついた。投稿先はFacebook、Twitter、Google+の3つ。無難なところだろう。

Netpark

トップページには「News Flash」という欄があり、新幹線の扉上の電光掲示板のように、ニュース速報の文字が流れている。なかなか斬新な試み、と思ったが、どうやら共同通信の速報ニュースのようだ。

ところで新潟日報のウェブページには、「netpark」という名前がどうしてついているのだろうか?相沢まきさんや小野沢裕子さんのブログがあるというあたりが、紙面とは違うコンテンツなので、そういう意味では独自のメディアということなのだろうか。「park」ではあるが、SNSのような交流の様子はこれまでもなかったし、今回も特に今回もそうした要素は見当たらない。ならばいっそ、「新潟日報デジタル」とか「新潟日報電子版」でいいじゃないかと思ってしまうが、それは余計なお世話か。今度関係者にあったら、それとなく聞いてみよう。