Flight attendant of EVA AIR

新潟 – 台北、エバー航空が新路線開設


新潟 – 台北、エバー航空が新路線開設ICHINOHE Blog

南方路線のなかった新潟空港に、貴重な新路線。エバー航空が台北路線を週2便飛ばすようだ。

新潟―台北に定期便 エバー航空、13年1月から週2便  :日本経済新聞

台湾のエバー航空が新潟空港と台北を結ぶ定期便を新たに就航する。新潟県が5日、発表した。新潟空港に海外便が新規就航するのは1998年以来となる。運航期間は2013年1月12日~3月30日までだが、同社では4月以降の運航も検討中という。

 副知事を団長とする台湾訪問団に対し、同航空が就航決定を伝えた。今後、日本で申請手続きに入り、正式な決定を経て詳細な運航スケジュールを発表する見通し。現時点では水曜日と土曜日の週2便を予定している。

Flight attendant of EVA AIR

by chi227.

Eva air

新潟航空から乗り継ぐ場合、これまではインチョンが乗り継ぎ空港のメインで、次が上海。東南アジア方面に向かう場合にも、新潟からは南下せず、これらのいずれかを利用するしかなかった。最近就航した新潟ー成田便が、これに代替する路線で、現在結構人気がある。エバー航空の就航により、チャンスは週二日と限られるが、新潟空港ー台北経由で、香港、バンコク、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナムなど、東南アジア方面への乗り換えが可能になり、格段に便利になる(と期待できる)。フライトスケジュールがあわない場合にも、台北で一泊ということであれば、空港から市内までやや距離はあるにしても、日本人にもなじみやすい店が多くある。日韓、日中の緊張関係が続いている中ではとりわけ、台北は比較的ハードルが低く、オススメといえるかもしれない。

もちろん、列車など時間をかけて台湾を一周するのも、学生の皆さんには特にオススメ。日本統治時代の建物等も比較的残っており、勉強になる。

エバー航空は札幌から台北に飛んでいたので、道民だった時代には何度か利用し、学生たちと千歳ー台北ーバンコクーカトマンズと乗り継いだこともある。当時は、羽田国際線がほとんどなかったので、スケジュールと価格を見比べて、この路線で移動した。マイレージカードも一応持っていたはずだけど、まだどこかにあるだろうか。

エバー航空 – 航空券のご予約・購入・空席照会・運賃案内