Niigata Photowalk #9 Tochio 20101016

栃尾(長岡市)を舞台に撮影された映画「ゆめのかよいじ」


栃尾(長岡市)を舞台に撮影された映画「ゆめのかよいじ」ICHINOHE Blogコミックを原作にした映画「ゆめのかよいじ」。石橋杏奈、竹富聖花が主演の映画で、長岡市の栃尾を舞台として撮影されている。

地元ということで、11/17T・ジョイ長岡、11/24T・ジョイ新潟万代での先行上映が決まっている。Facebookによると、あらすじは以下の通り。転校先が栃尾ということになる。

映画「ゆめのかよいじ」公式サイト 石橋杏奈、竹富聖花主演

夏休みに入ろうとしている頃、東京から新潟の山間の高校に転向してきた宮沢真理。都会からやってきた真理には昔のままの木造校舎や、雄大な自然の風景は、とても新鮮で、心の底から魅かれていく。

ある日、その木造校舎で見馴れない制服を着た、美しい女の子の「幽霊」、岡部梨絵と出会う。
梨絵は「帰ってきたの?」と言い、戸惑う真理に抱きつき、不意にキスをする。
呆然と立ち尽くす真理。

梨絵は時のすきまへと消えていく。 はじめは、すぐに消えていなくなってしまう梨絵だが、次第に真理と梨絵は不思議な交流を重ねていく。
魅かれあう二人・・・。
梨絵はこの町の昔からの風景が残る、「時間と空間のすきま」に案内してくれる。
自然、木造校舎、学校の友達、町の人々、梨絵との交流を深めていくうちに過去から未来へ続く人々の絆、古いものの大切さを実感する真理。
そんな幸せな時間が流れる中、ある日突然に大地震は襲ってくる。
ひび割れた道、逃げまどう人々、倒壊してしまう木造校舎・・・。
梨絵はその木造校舎の倒壊と共に別の世界へと旅立つことになる。
その永遠の別れを告げに、再び真理の前に現れる。

栃尾は、一昨年フォトウォークでみんなで歩いた。長岡中心部とはかなり離れた山間の街で、街の中心を川が流れている。もちろん「あぶらあげの街」として、少なくとも新潟県民には有名だ。フォトウォークで歩いた川沿いの風景が予告編に出てきて、大変興味をそそられた。

Niigata Photowalk #9 Tochio 20101016

新潟フォトウォーク 第九回 / Niigata Photowalk #9 :雁木の街栃尾 : ATND

新潟フォトウォーク第九回 / Niigata Photowalk #9 :雁木の街栃尾 を開催しました | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ