Niigata Photowalk #12, Photo Hiking in Mt. Gomado, 20110618

Google+の1周年フォトウォーク

Google+の一周年を記念して、東京都内でフォトウォークが行われたそうで、オーガナイザーの声やイベントの様子がYoutubeにアップされていた。基本的にGoogle+の宣伝ではあるのだけど、フォトウォークの楽しさが的確に表現されていると思う。「同じ所を通っているのに、見ているものが違う」「撮ったあとも、交流が続く」などなど、まさにフォトウォークの楽しさが言葉として現れている。

ただこの感覚は、ある程度ソーシャルメディア利用に慣れている人じゃないと、味わえないのが、ハードルの高いところかもしれない。新潟フォトウォークでも、結局続けて参加してくれる人たちというのは、FacebookなりTwitterなりで、リアルタイムでのコミュニケーションの感覚を体得してい人が多いように思う。

Niigata Photowalk #12, Photo Hiking in Mt. Gomado, 20110618

新潟フォトウォークについても、こんな素敵な動画を作りたいもの。次回は「全国地撮り」に参加する形で、8月25日に開催予定です。近日告知します。

今回のPhotowalkを呼びかけたTakahiro YamamotoさんのFlickrアカウントに、動画に出てきた写真が何枚か載っていた。CCライセンスではないので、リンクだけしておく。この前後に動画に出てきた写真が出てくる。

Google+ One Year Anniversary Photowalk in Tokyo (June 30, 2012) | Flickr – Photo Sharing!

Keiwa Lunch 20120726 #keiwa

Keiwa Lunch、前期の定期配信終了:今週はキャラ弁について配信

前期のKeiwa Lunchが今週で終了した。来週から試験があり、大学は夏休みに入る。今期最後となる今回はキャラ弁づくりが、学内関係者のソーシャルメディア上で評判となったがにのみやさんがゲストであった。

Keiwa Lunch 20120726 #keiwa

豆しばのキャラ弁 #keiwa

今期の前半は、セッティングにかなり苦労したが、次第に安定した配信ができるようになった。MCのトークはもちろん、台本を作ったり、配信をしている裏方たちの作業手順が安定してきたのは大きい。

夏休みは、少なくとも二回は不定期配信を企画している。次回は8月12日18時から、イラストを書いてくれたささきとしさんを囲んだ配信を行う予定。

札幌大学が学部を統合、1学群13専攻制に

先ほど教えてもらったのだが、札幌大学は5学部を統合し、1学群13専攻に組織変更を行うと、5月に発表していた。1学群で定員900名だそう。非常に大きなチャレンジといってよい。

大学プレスセンター – 2013年、札幌大学は「1学群13専攻」へ――将来の夢、キャリアに合った学びを「サツダイマッチング」で見つける

●「主専攻」(学士となるために選択できる専攻)は13
「経済学」「地域創生」「経営学」「法学」「現代政治」「英語」「ロシア語」「日本語・日本文化」「中国語・中国文化」「歴史・文化」「異文化コミュニケーション」「スポーツ文化」「現代教養」

●授与される学位は6
 「経済学」「経営学」「法学」「文化学」「英語」「ロシア語」

●13の「主専攻」に加え、13の「主専攻」から提供される「副専攻」の選択を推奨

●トップランナーでありたい、特待生となりたい学生のために「エキスパートコース」を開設

●「主専攻」は「主専攻」として、さらに正課・正課外を問わず、自分の可能性を広げたい、試してみたい学生のために「アクションプログラム」を開設

●「エキスパートコース」「アクションプログラム」に合わせた特別な入学試験制度

現在は、5学部6学科体制。その中にさらにコースがあったのかもしれないが、1学群の中で、13の専攻を横断的に学べるというのは組織的にも拡張した(ように見える)上に、学生の選択の幅も広がるわけで、非常に魅力的に見える。「サツダイマッチング」という「じっくり自分の学びの形を見つけて欲しい」という考え方も、用語がどこまでキャッチーかはともかく、昨今の学生の好みにもマッチしていると思う。おそらくこの組織変更の背景には、非常に大きな危機意識があったと思うが、一方で学部組織を統合してしまうわけで、内部の抵抗もおそらく強かったのではないかとも思う。

一学群の中での「アラカルトメニュー」方式である一方で、そこでの学び方もかなり多層的な組立てになっている。たとえば、主専攻・副専攻の組み合わせ、だけではなく、特待生級の学生が一つの専攻をきわめていく「エキスパートコース」(法律と英語が対象のようだ)、主専攻に加えて正課外の活動も含めて多様な活動を行う「アクションプログラム」も用意されている。「アクションプログラム」には、

・「グローバルアクションプログラム」(国際交流センターと提携)
・「キャリアデザインプログラム」(キャリアサポートセンター、学内NPO法人と提携)
・「教職アクションプログラム」(教職センター、学内NPO法人と提携)
・「ウレシパプログラム」(札幌大学ウレシパクラブと提携)

の4つが用意されている。「アクションプログラム」と「副専攻」は区別されているが、「アクションプログラム」と単位修得との関係がどのように整理されているのかが気になるところ。

また入試制度が、「エキスパートコース」「アクションプログラム」に連動するというのもどうなるのか。前者は非常に優秀な学生を特待生待遇で迎え入れるという想定のように思えるが、後者がどういう形になるのかも大変興味深い。

一学群体制になるということは、個別の専攻は受験産業の学部・学科一覧から消えてしまい、「地域共創学群」という名前だけがリストアップされることになる。こうした受験産業の分類に基づく進路選択を覆すパワーを、独自広報が発揮できるかどうか。そこがこの改革の成否を分けることになるように思う。

今年度のCMが、公式チャンネルで公開されていた。

Sina Weibo

Sina Weibo (新浪微博)に登録してみた:連携設定は不調

中国のマイクロブログの一つ「新浪微博」に登録、shinyaiのアカウント名を取得した。

我的个人资料 新浪微博-随时随地分享身边的新鲜事儿

Sina Weibo

当面Facebookを中心にした運用を変えるつもりはないが、Twitter同様に同時投稿ができるのであれば、中国にもお友達が増えていいんじゃないかと、軽い気持ちではじめてみた。というのも、以下の @attripさんの記事で、Twitterとの連携ができそうだったから。

weiboとtwitterを連携する方法 | A!@attrip

Twitter 2 Weibo

残念ながら、Twitter2weiboは今はうまく動いてくれないので、連携させることが出来なかった。

Sina Weiboは、すでにユーザ数は3億という発表があり、単純にユーザ数で見る限りは、Twitterを追い抜く勢い。もちろん中国が中心なのだけれど。本格的にグローバル展開するかどうかはわからないが、注目すべきサービスの一つではあるだろう。

ざっとメニューを見た限りでは、インタフェースはTwitterに似ているけれど、機能は多く、Facebookに似た部分もあるようだ。

新浪微博の登録ユーザー数が3億人突破=モバイル端末での利用が中心に―中国(osschina) : 中国・新興国・海外ニュース&コラム | KINBRICKS NOW(キンブリックス・ナウ)

とりあえずFacebookでの投稿を反映させてくれるサービスが欲しいなあ。

FM KENTOの「ケント大学」で再びお話しします:テーマは「SNS学」

Twitter, Facebookと二回お話する機会をいただいた、FM KENTOさんの「ケント大学」で、再びお話しをさせていただくことになった。8/17の夜、新潟駅南のFM KENTOさんの会議室にて開催。今回のテーマはSNS。ソーシャルメディアのこれからを考える、という、少し広めのテーマ設定だ。急激に普及するLINE、アメリカで話題のPinterest、写真共有の新生力Instagramなど、「新興勢力」の現状についても解説する。

恒例の懇親会も予定されているので、お盆明けの金曜日、皆さんどうぞご参加ください。

授業詳細|ケント大学

SNS学〜最新事情編〜

2012年08月17日(金) 19:30〜21:00 (開場 19:00)
一戸 信哉(敬和学園大学准教授・新潟ソーシャルメディアクラブ主宰)

今回の教室 駅南貸会議室KENTO
住所 新潟市中央区天神1-1プラーカ3 B1F
地図を見る
定員 20名
授業料 500円
申込締切 2012年08月10日
抽選日 2012年08月10日
授業詳細 お待たせしました!
以前、ケント大学で大人気だったTwitter学・Facebook学の一戸教授を招き、ソーシャルネットワーキングサービスの最新事情をわかりやすく伝授します!TwitterやFacebookは使っているけど、他のSNSはよくわからない…。名前は聞いたことあるけど、どんな仕組みなのかわからない…。今のSNSはどうなっているの?なんて思っている人にオススメです。SNSの代表格でもあるTwitter、FacebookはもちろんGoogle+、LINE、Tumbler、Pinterest、Instagram等々…皆で楽しくSNSを学びませんか?
懇親会 有り 3,000円
備考 ※希望者が多数の場合は抽選になります。
※【抽選について】抽選結果は抽選日から2日以内にメールでお知らせします。
※抽選後にキャンセルが発生した場合等、人数が定員に満たなかった場合は先着順で再度受付します。

Monk heading to Gobyo

kobo touchを使いこなすテクニックまとめ

7月19日に発売された楽天の電子ブックリーダーkobo touch。購入した人は多いように思ったが、どうもトラブルというのか、使い方がわかりにくいようで、一部混乱が生じているようだ。

Monk heading to Gobyo

by `◄ccdoh1►

「まだ諦めない!」というNaverまとめページまでできていた。

New Kobo Touch in Tokyo Japan

by Liz Castro

まだ諦めない!kobo Touchを使いこなすテクニックまとめ – NAVER まとめ

[rakuten]001:0681495000043[/rakuten]
[rakuten]001:0681495000074[/rakuten]
[rakuten]001:4560470080033[/rakuten]

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

写真で速報:7/22敬和学園大学オープンキャンパス

7/22開催のオープンキャンパスが終了。今回は学生スタッフの紹介方法、学生団体のステージの見せ方など、細かいところを工夫してみた。参加者アンケートはまだ見てないけれど、概ね好評だったのではないか(と希望的観測)。

とりあえずステージを中心に撮影した写真を以下に。

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

ブラスバンド部 #keiwa

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

Keiwa College Open Campus / 敬和学園大学オープンキャンパス20120722

ランダムにピックアップした写真で、Slide.lyを作ってみた。曲は、Sound Cloudに掲載されていた、Balkadan「Nu-Swing Mini-Mix
」。Creative Commonsライセンスで公開されている。

中国のソーシャルメディア事情を伝えるYoutubeチャンネル「Weibo Today」

Global Voices Online (GVO) が、中国のソーシャルメディア事情を伝えるYoutube番組「Weibo Today」について伝えている(現時点では日本語の翻訳は出ていない)。Weiboというのは、「微博」、マイクロブログのこと。

 

YouTube Show Brings China’s Social Media to an English Audience · Global Voices

Want to know what’s going on on China’s social media but cannot speak Chinese? Keep on reading, then. It’s been four months since Elle Lee (@ElleIconLee) and Casey Lau (@hypercasey) opened a YouTube channel to broadcast Weibo Today, a weekly online show spotlighting trending topics from China’s social networks in English.

Weibo Todayを作っているのは香港。上海出身のElle Leeがキャスターとなり、Casey Lauがプロデューサーとなっている。

まだ公開された動画は5本で、さほど凝った映像ではないのだけど、中国のソーシャルメディアでの出来事を、英語で伝えているチャンネルとして注目を集めているようだ。GVOのインタビューでも、政治的な事柄ではなく、中国の人々が普段語っている日常的なトピックを伝えたいとしている。

WeiboToday – YouTube

Weibo Today