敬和学園大学学生たちが制作したLIPDUB公開

今月一戸の中国出張中に撮影された、敬和学園大学の学生たち制作による「口パク」ビデオLip Dubが本日完成し、公開された。いろいろ「あら」を探せばきりがないのだが、専門的な教育を受けていない学生たちがよくここまでがんばったと思う。この作品は、第1回国際第二言語「LIP DUB」コンテストに参加している。

関連動画にも出てくるが、大学生がキャンパス内で撮影して発信するLip Dub作品は、数年前から多数作られている。新潟県内では、新潟県立大学の学生たちが昨年の学園祭で制作し公開、今年に入って新潟青陵大学も制作・公開している。

映像制作の習得過程で、「勝手PV」の作成というのは、一番最初の実習課題として使われると聞く。ある程度決まったフォーマットで、出演者の動き方、カット割りなど、映像を制作していく上で重要な要素を、短時間で習得できるからではないかと思う。逆にいえば、基本的なことを習得した人が関係者に増えれば増えるほど、映像の質は格段にアップし、Lip Dubをはじめ、「敬和初」の良質な映像作品がもっともっと発信されることになるだろう。そのとき、皆さんの通っている敬和学園大学は、よい意味で「大化け」します(断言)。

今夏8月6日により、映像制作を中心にした授業「現代メディア論」(高谷邦彦先生)が始まる。集中講義初年度ということで、様子見を決めている学生が多いかと思うが、皆さんが映像制作のイロハをマスターするための「大切なこと」が、この授業にはすべて入っている。最終日には上映会も行う予定。科目登録の有無にかかわらず(また配当学年ではなくとも)、映像作りが楽しかったという学生の皆さんは、まず参加を検討して欲しい。

敬和学園大学のLIPDUB、撮影終了:デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」を思いだした | ICHINOHE Blog

敬和学園大学で新プログラム「情報メディアプログラム」スタート | ICHINOHE Blog

加治川治水公園での花見をSlidelyにまとめてみた

4月に学生たちと、加治川治水公園で桜を見てきた時の写真を、Slidelyで音楽付きスライドショーにまとめてみた。Slidelyは、Facebook, Flickr, Instagramなどに保存された写真を取り出して、各種エフェクトを加えたスライドショーにまとめることができるサービス。

“Sakura”ではなく、”Spring”でSound Cloudを検索して、BGMを入れた。明るく楽しい曲をすばやく見つけられるようになると、よいスライドショー、よい動画が作れるようになりそう。

加治川治水公園の桜を見てきた | ICHINOHE Blog

往年の雑誌「ラジオパラダイス」を元に作られた書籍「なつかしラジオ大全」発売

高校時代、三才ブックスには大変貢献していたワタクシ(ラジオライフは買ってないけど)。「ラジオパラダイス」も、高校時代の一時期、毎月購入していた。そんな自分を含めて、かつてのラジオファンの心をくすぐる一冊が、三才ブックスから出るようだ(Facebookで教えていただいた)。昔の「資産」を再構成ということか。

深夜ラジオ黄金期振り返る1冊、当時の雑誌「ラジオパラダイス」資料に。 | Narinari.com

バブル真っ只中だった1980年代に“黄金期”を迎え、多くの若者を夢中にさせた深夜ラジオ。そんな“黄金期”を彩った深夜ラジオ番組の数々を、当時発行していた月刊誌「ラジオパラダイス」の記事・写真をもとに振り返る「なつかしラジオ大全」が、三才ブックスより6月28日に発売された。価格は1,143円(税別)。

 

Source: narinari.com via Shinya on Pinterest

 

「ひとつのメインカルチャーとして若者に支持されていた時期のラジオをいま見返すことで、それが現在にどのような影響を与え、そしてどう変貌してきたかについても知ることがでる一冊となっている。」とのことで、単に昔を懐かしむだけではないぞといっているわけだが、買う人は懐かしむ目的で買う人がほとんどだろう。

今では深夜放送の話題が若者の話題の登ることは少なくなり、ラジオを聞く環境のない学生も多い。そこに「radiko」ということなのだが、がんばって他地域のラジオを聞くという楽しみが、radikoの場合にはない(なくはないのだが、ちょっと後ろめたい)。「ラジオパラダイス」では、なぜか(?)全国のラジオ番組の番組表が載っていて、それぞれの地域の番組紹介もあり、「がんばって」聞くモチベーションを高めてくれた。特に地方在住の場合、テレビよりもラジオで、都会の情報や空気を感じている若者も多かったはず。民放が2局しかない時代の青森県で育った自分は、遠くのラジオまで受信できる、AM用の大きな室内アンテナを買って、全国のラジオを聞いていた。日曜の夜は全国のほとんどの局が放送休止となる中、唯一放送していたラジオ大阪の「ぬかるみの世界」がクリアに聞こえたので、青森の「ぬかる民」になった。

大学に合格して上京してからは、ラジオを聞くこともほとんどなくなり、アンテナも、ヤクルトファンで、全国のラジオを聞きたいという大学院の先輩にさしあげた。

今ネット界隈で発言している人の中にも、ハガキ職人だった人は、そこまでいかないまでも、ラジオを良く聞いていた人は多いときく(特に40代以上)。再びラジオの時代が戻ってくるとは思わないが、名物パーソナリティのような役回りが、若い人達の心を支えるというのは、社会的にも重要な機能なので、社会のどこかで、このような機能は吸収されていくんじゃないかなと思う。

しゃべったフレーズを曲にしてくれるアプリ「Songify」

しゃべったり、歌ったりしたフレーズが、そのまま曲になるiOSアプリSongifyを試してみた。アプリは無料で、数曲のサンプルが入っている。

セリフが自動的に歌詞になってオリジナル曲がつくれるiPhoneアプリ、Songify

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch(第2世代)、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPad 対応 Songify

Songify – Google Play の Android アプリ

「NSMC」というフレーズで、ジングル風にならないかやってみた(ちょっと違うか)。

Smule

まいかさんにKeiwa Lunchの最初にしゃべる決め台詞をしゃべってもらったもの。長いほうがいいかと思ったが、これもなんか違う。

Smule

川中美幸さんのラジオ長寿番組「川中美幸 人・うた・心」。こちらの吹きこみは妻にやってもらった。「人」「うた」「心」の間に「間(ま)」を入れたところ、途中で区切りを入れられてしまった。

khu.music.s3.amazonaws.com/songify_4feb05b8b4b3a.mp3

元ネタ。

札幌名物千秋庵の銘菓「山親爺」。歌い出しのフレーズ。最初ぴったり合ったと思ったが、次第にずれてきた。
khu.music.s3.amazonaws.com/songify_4feb089ca77b9.mp3

元ネタ。
千秋庵の山親爺 – YouTube

曲を買い足すことができ、Madonna, Justin Bieberなどの名前が出ている。

Anonymous is Friendly?

Anonymous, 「霞が関」を攻撃するつもりで「霞ヶ浦」を攻撃(?)

昨日からAnonymous(アノニマス)により、日本の政府機関(?)に攻撃が加えられて、いくつかのウェブサーバに障害が発生している。財務省、裁判所と並び、早くから攻撃の対象とされたのが、霞ヶ浦河川事務所。今回の攻撃は、先般の「ダウンロード刑罰化」を盛り込んだ著作権法改正に抗議するもので、対象に司法機関である裁判所が入っているなど、もともと攻撃対象がおかしいのでは?という意見もあるのだが、ともかく広範に攻撃しようということで、地方出先機関の河川事務所までも攻撃されている。

Anonymous is Friendly?

by liryon

と思ったのだが。

[黒歴史] 凄腕ハッカー集団アノニマス 霞が関と霞ヶ浦を間違えハッキング – NAVER まとめ

今日になって、実は「霞ヶ関」と「霞ヶ浦」を間違えていたのではないかというのが話題に。上のNaverまとめでは、以下のような発言が紹介されている。

AnonOps web chat (Anonymousのサイトのチャット)より : [黒歴史] 凄腕ハッカー集団アノニマス 霞が関と霞ヶ浦を間違えハッキング – NAVER まとめ

[21:57] my friend has a question that is anon was mistaken about Kasumi-gaura http://www.kasumi.ktr.mlit.go.jp/ and Kasumi-gaseki
[21:58] <&Juzzy> What do you mean Anon was mistaken?
[21:58] tell me about kasumi

「何かkasumi-gasekiと標的間違ってるって指摘されたんだけど」
「え・・・?どういうこと?」

サイバー攻撃被害相次ぐ「アノニマス」か NHKニュース

政府系サイトに攻撃相次ぐ 「アノニマス」犯行か : J-CASTニュース

朝日新聞デジタル:財務省のサイト改ざん アノニマスが攻撃予告 – 社会

アノニマスが日本にサイバー攻撃か、財務省HPなど被害相次ぐ | Reuters

Yale大学の広報ビデオ「That’s Why I Chose Yale」

先週のセミナーで、倉部史記さんの講演で出てきた話題。有料セミナーで紹介された内容ではあるが、これはすでに公開済なので、書いてもいいだろう。昨年公開されたエール大学のビデオで、広報担当者が、ミュージカル風にエール大学を紹介している。

倉部さんが昨年のブログで紹介記事を書いている。

東京芸術大学のイベント告知用Webページがすごい : 大学プロデューサーズ・ノート

ハーバード大学と並ぶアメリカの名門、イェール大学のアドミッションズ・オフィスが制作したもの。同大の魅力を、受験生達に知ってもらうための映像なのですが、まさかの全編ミュージカル調という演出が、業界で話題になりました。

しかも脚本、作曲、総合プロデュースを行ったのは、イェール大学を卒業し、実際に同大のアドミッションズ・オフィスで働いているスタッフ。劇中の俳優や歌い手など、制作に関わったスタッフも、ほとんどイェール大学の卒業生で構成されているというこだわりようです。

学生や卒業生のプライドが発揮され、実際の動画の形で現れているというの大変興味深い。自分たちにできることを見つめる上でも、大変参考になる取り組みといってよい。

Keiwa Crew in FM Shibata

FMしばたにて、「Keiwa Crew」のお話をしてきた

6月25日、FMしばたの番組で、学生制作のフリーペーパー「Keiwa Crew」についてお話ししてきた。出演したのは、4年村山、3年星野、二人のCrewメンバーと、付き添いの一戸、の3名。機会を与えていただき、どうもありがとうございました。

Keiwa Crew in FM Shibata

夕方17時40分から「ごきげんラジオ769」にて、司会は石川愛恵さん。決定から出演までの時間が短く、学生たちとの打ち合わせが十分でなかったが、石川さんのうまい仕切りで何とか乗り切ることができたか。学生の二人にはいい経験になったかと思う。自分自身は、割って入ってしゃべるタイミングをよく考えていなかったので、学生たちの説明の足りないところをうまく補えていなかったかと少し反省している。

Keiwa Crewの活動について、学生たちは冊子を作ったところで「やりきった感」にひたっているところがあるが、本来フリーペーパーの制作はひとつの区切りでしかない。出来上がった冊子を人々にどのように認知してもらうかという地道な活動が大事で、それはTwitter、Facebook、ブログなどを使って、自らがどのように情報を配信するか、フリーペーパーの配布場所をどのように開拓するか、ラジオでどのようにお話して人々に理解してもらうかなど、多岐にわたる。こういった活動一つ一つを通して、「発信者」としての自分自身も開拓していってほしいと思う。

エフエムしばた FM76.9MHz

FMしばたさんにも、Keiwa Crewを置いていただいている。

Keiwa Crew, FMしばたの2Fにも置いていただいてます。 #niigata #keiwa

その他、現在配布している場所は、以下の通り。

「新潟美少女図鑑」新潟市内ラック
・BP-ビルボードプレイス(1F)
・BP2(1F)
・アクロスパーキング(1F入り口)
・新潟アルタ(2F入り口)
・ラフォーレ原宿・新潟(4F エレベーター脇)

敬和学園大学関係
・敬和学園大学広報入試課入口付近ラック
・敬和学園大学ピロティラック
・敬和学園大学学生食堂(オレンジホール)内ラック
・敬和学園大学新発田学研究センター
・まちカフェ・リンク

その他
・エミタイ(敬和学園高等学校前)
・カフェノバ(新発田市中央商店街)
・アジアン雑貨Syanty(新潟市東区藤見町)
・寺町たまり駅(新発田市諏訪町)
・TAICOや(新発田市中央町)
・雑貨Seats(新発田市荒町)
・和泉屋(新発田市中央町)

Mark Frank

ミズーリで枝豆を栽培する元同僚、Mark Frankさんが農業系ウェブサイトに動画で登場

2009年まで敬和学園大学の教員をされていて、数年間研究室が隣だったMark Frankさん。その後米国ミズーリ州に帰国され、日本の、とりわけ新潟の野菜を育てている。Mark先生が奥さんとともに、枝豆などの野菜を栽培し、「Echigo Farm」として、地元で販売している。

今回この様子が、Farm JournalのAG webというサイトで、動画で紹介されている。緯度が新潟に近く、気候も日本野菜の栽培に適していることのほか、現地で日本の野菜をおいしくするための取り組みや知見が述べられている。

Mark Frank

A Taste of Japan in Southwest Missouri

マーケットのテーブルには「身土不二」という、Mark先生が日本時代に気に入ったフレーズが。

2009年入学の学生が今4年制なので、Mark先生と縁のあった学生は、ほぼ卒業してしまっている。しかし学生の皆さんには、敬和の元先生、こんなユニークな先生がいたということを、ぜひ知っていただけたらと思う。

新潟の皆さんの中には、日本酒利き酒師で、新発田の赤谷地区で半農生活を送っていたMark先生と親交のあった方も多いであろう。帰国後も「越後」とつながりを持って、活躍されているところを、ぜひご覧ください。

新潟美少女図鑑ファンミーティング #niigata

新潟美少女図鑑ファンミーティングに行ってきた

テクスファーム主催の「新潟美少女図鑑ファンミーティング」が6月24日に開催された。Facebookを通じて、自分のところにもご招待をいただいたので、少なくない「アウェイ感」を感じつつも、参加させていただいた。

自らもイベントを開催する立場なので、他の方が主催するイベントには積極的に出かけていって、運営方法や参加者への配慮の仕方などを勉強するのは、とても大事なことだと認識している。そういいつつなかなか実践できていないのだけど。

この日のイベントは、新潟美少女図鑑相関10周年を記念するとともに、以下の3つが開催理由として挙げられた。

その1)最新号「Vol.21 Funny」発行記念
その2)電子書籍「小説・新潟美少女図鑑」リリース記念
その3)新潟美少女図鑑モデルの新曲「抱きしめて☆セツナ」披露

会場は新潟市中央区東堀通の、写真家タキザワフミオさんのスタジオ Takizawa Photo Works。タキザワさんには今年の敬和学園大学パンフレットの取材でも、たくさんいい写真を撮っていただいた。

自分のカメラは入院中で、撮影はiPhoneだけとなったが、会場内にはたくさんのカメラとプロカメラマン。絵になるモデルの皆さんが多数。

新潟美少女図鑑ファンミーティング #niigata

19時からは電子書籍「小説・新潟美少女図鑑」が発表になった。電子書籍は6月30日にiTunesからリリース。ストーリーは5つでコンテンツ課金となり、最初の一本目だけ無料公開。残りは各85円で、Movie、Story、Photoのセット。小説は藤田雅史さん。映像制作は、SOLU MEDIAGE inc.。新潟人の心をくすぐる映像になっていることが、予告編からも推測できる。

20時からは、新潟美少女図鑑モデルのユニット「セツナーズ」(と急遽決めたっぽかった)の新曲「抱きしめて☆セツナ」が披露された。また、この曲のCDは来場記念にいただくことができた。詳しく書いていいかわからないのだが、メンバーの一人とは結構ゆかりがあることがわかり、かなり親近感を持った。

関係者の皆さんに気を使っていただいたこともあり、さまざまな方々とお話しすることができ、また楽しいネットワークができた。

新潟美少女図鑑ファンミーティング

新潟美少女図鑑ファンミーティング報告書|テクスファーム小林のブログ

新潟美少女図鑑ファンミーティング☆|MIE☆BLOG ~COYOTE/S.A.L~

Keiwa Lunch、2作目の別撮り版をアップ

ゼミ学生たちのUstream番組「Keiwa Lunch」。前々回からUstreamとは別に、アーカイブ用のビデオを撮っている。学生たちはUstを動かして、担当がブログを更新するところまででオーバーフロー気味なので、今のところアーカイブ版の編集は一戸がやってみている。

iMovieの練習も兼ねての作業で、まだ完全に機能は理解していないが、とりあえず最低限の編集を加えてアップするという流れは、理解できた。さらにポイントを押さえたダイジェスト版を作れるようになるとなおよいのだが、時間と労力を掛ける必要がある。

今回は「ふれあいバラエティ」の実行委員募集について、コアメンバーが告知に来てくれたもの。「ふれバラ」は、実習でお世話になった福祉施設の皆さんを、学園祭の前日に敬和学園大学にお招きして行う、交流イベント。最初敬和にきたときには、名前を聞いてもピンとこなかった。すでに定例行事となっていて、学内では定着した用語になっているのだが、学外の人(や、関わっていない学生)にはすぐに理解されない言葉だと思うので、副題で工夫するなどしたらいいんじゃないかと思う。

ともあれ、実行委員50名を募集だそうで、コアメンバーはかなり気合が入っている。

ふれバラ (keiwa_hurebara) は Twitter を利用しています