Sakura flowering tunnel

naoyai逝去から5年

弟naoyaiが、GW真っ只中の5月4日に亡くなって、5年が過ぎた。それまでGWに青森に帰省することはあまり無かったのだが、以来5年間、毎年帰省し、家族で弟の墓を訪ねている。GWは弘前さくらまつりの時期にあたるので、毎年桜の開花状況を確認することができる。また、墓地はりんご畑の隣にある。桜の開花が早い年には、りんごの花が咲いていることもある。墓参の後、毎年山菜採りに訪ねている相馬(旧相馬村、現在弘前市)には、家族写真を撮っている遅咲きの山桜があり、こちらの開花状況も確認することになる。

今年りんごはまだ色づいておらず、相馬の山桜もまだつぼみ。弘前公園の桜が葉桜、というタイミングであった。

依然弟のFlickrアカウントは健在なので、6年前のGWに弟の撮影した、弘前公園の桜が、今もネット上に残っている。そしてもちろん弘前公園の桜は、6年前と同じく、しかし毎年少しずつ違うタイミングで、春の訪れを弘前の人々に伝えている。

2006年GWの弘前公園(naoyai撮影)

Sakura flowering tunnel

Sakura flowering in old castle

2012年GWの弘前公園(shinyai撮影)

Hirosaki, Aomori, 20120504

Hirosaki, Aomori, 20120504

過去記事:

naoyaiを偲び、弘前公園の桜を撮る | ICHINOHE Blog

naoyai、二度目の逝去者記念日 | ICHINOHE Blog

naoyai逝去者記念礼拝 | ICHINOHE Blog

相馬にて、山菜採り、MVE育成 | ICHINOHE Blog

Instagrate to Wordpress

Instagramの写真をWordPressに自動投稿するプラグイン「Instagrate to WordPress」

このところ、WordpressにInstagramの写真を自動投稿しているが、この自動投稿に使っているプラグインが、Instagrate to WordPress。

Instagrate to WordPress

WordPress › Instagrate to WordPress « WordPress Plugins

Instagramの写真をWordpressに自動投稿してくれるプラグイン「instagrate to wordpres | designTips

一度連携を設定してしまえば、ほとんど設定は必要ないが、「Custom Title Text」(ブログ記事タイトル設定)「Custom Body Text」(ブログ記事本文設定)を設定した。結果、タイトルは「(写真のタイトル) – from Instagram」、本文には「(Instagramへの投稿を自動的にWordpressにも投稿しています)」と表示するようになった。

通常のブログエントリーに混じって、Instagramの写真が1写真1エントリでアップされると、ちょっと記事が多くなりすぎるような気もするので、このブログでこのままこの状態を続けていくかどうかは、しばらく試行しながら考えようと思う。Instagramの写真を使ったフォトブログを、フォトブログ向きのテーマなどを使って作る際にも、このプラグインは役立ちそうだ。

Keiwastagram

【Keiwastagram】FacebookページとTwitterアカウントを設置

敬和学園大学の日常を写真で切り取るプロジェクト「keiwastagram」について、FacebookページとTwitterアカウントを設置した。Facebookページには「いいね」を、Twitterアカウントはフォローしていただければ。

Keiwastagram

Keiwastagram

Keiwastagram (keiwastagram) は Twitter を利用しています

敬和学園大学や関連イベントで撮影された写真、敬和学園大学の学生等関係者による写真などに、#keiwa タグを付けてInstagramに投稿してください(内容が不適切と判断したものについては、削除する場合があります)。Instagramには、iPhoneまたはAndroidアプリから投稿することができます。

Instagram

うまく投稿されれば、上のFacebookページ、Twitterアカウントとともに、下記の各ページでも表示されます。

“keiwa” | A little Pinterest in your Instagram | Pinstagram

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

keiwastagram