テレビばかりかPCインターネットの利用時間も減少:アスキー総合研究所の消費者動向調査「Media&Contents Survey」

MXTV「東京ITニュース」でおなじみ、アスキー総合研究所所長の遠藤諭さんのエントリー。「未来のテレビ」がテーマなのだが、背景としてメディアの「イス取りゲーム」、つまり限られた個人の24時間を、さまざまなメディア、デバイスを奪い合っている構図が紹介されている。数字は、アスキー総合研究所が行った消費者動向調査「Media&Contents Survey」から。

 

集計結果を見て驚かされるのは、ここ1年間のメディアの利用状況の激変である。1999年にiモードがスタート、2004年にGREEやmixiがサービス開始、2006年にニコニコ動画、2008年にiPhoneが日本で発売と、我々をとりまくメディアは、この5~10年で大きく変化してきてはいた。しかし、それを加味したうえでも、「1日のテレビの視聴時間」が152.0分(2010年末)から134.1分(2011年末)に減少したなど、劇的と言わざるを得ない。

 

日本人1人の1日の平均テレビ視聴時間は、1950年代にテレビ放送が開始されて以来、基本的に増加してきた。1960年代には「テレビの黄金時代」があったが、まだ核家族化されておらず、個人視聴もなかった。唯一、1980年代の半ばにビデオやテレビゲームで停滞したが、その後もバブル期をはさんで視聴時間は伸び続けた。ここ数年の総務省統計では横ばい、一部で減少も指摘されていたが、ここまで大幅な減少ではなかった。

 

テレビだけではない、「PCからの1日のネット利用時間」も、この1年間で173.5分から151.4分へと大幅減少。これは、1995年頃からひたすら発展してきたインターネットの歴史の中でも大きな転換点といえる。一方、携帯電話(スマートフォンを除く)も、2010年から2011年にかけては所有率が88.3%から80.3%へと減少。これも、1990年代に一般に普及が加速してから、初めての減少といえる。

 

そうした中で大きく伸びたのはやはりスマートフォンで、所有率は4.9%から13.1%へと167.3%も増加した。タブレットも、数値は小さいとはいえ、1.0%から2.1%へ増加。こうしたメディア機器に加えて、新聞などの紙媒体、ラジオやゲーム機などすでに減少傾向のあったものも含めて、それぞれの10%~20%が同時多発的に流動しているようすを想像してみていただきたい。消費者の限られた時間やお金やメンタルな部分で、壮大なイス取りゲームが行われているのだ。

 

スマートフォンを始めとする携帯端末に、他のメディアは時間を奪われている。ネットの普及でテレビを見る時間は減っている話、これはさらに顕著に出てきているのだけど、それだけでなく、PCでのネット利用の時間も減っている。これは大きなパラダイムシフトと言えそうだ。

主としてこの記事のテーマは「テレビの未来」なのだけど、実は「テレビの未来」といいながら、もはやそのイメージは、現在のテレビのイメージを超えたものになるということが、示唆されている。

東京ITニュース – YouTube

企業内CSIRTの整備について早貸淳子さんインタビュー

組織内CSIRT(Computer Security Incident Response Team)への関心が高まっている。今年の「情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢」でも、中心トピックになりそうだ。しかしなぜいまCSIRTなのか。なぜ組織内にインシデントレスポンスチームを置く必要があるのか。

これについて答える、JPCERTコーディネーションセンター(以下、JPCERT/CC)常務理事の早貸淳子さんへのインタビュー。最近のAPT(Advanced Persistent Threat)動向を中心に、非常に説得力ある説明。コスト度外視で攻め込んでくるケースも増え、「攻撃者側のコストとリスクを上げ」るという手法では通用しなくなってきており、これからは「侵入を許してしまうことはあり得るという前提で、それでもなお、大切な情報を窃取されたり、システムを停止させたりしないための防御策」だという。

インシデント対応が可能な技術と権限を持つ「CSIRT」(Computer Security Incident Response Team)のような機能を、100パーセント内製/一部外注などの形態にかかわらず、企業でもしっかり整備したほうがよいと思います。

 

組織内CSIRTにどんな機能を持たせるかは、各組織の判断になりますが、基本的には、発生したインシデントについて、検知したり、報告を受けたりして、組織におけるインシデントと判断でき、解決に向けた対応および調整ができる機能が必要となります。特に、インシデントの発生抑止や解決のために、外部との技術的な連携ができることが重要です。

 

組織内でインシデントに対処するためのすべての機能を持つことは困難である場合が少なくないことから、外部の専門家などの支援を受けたり、外注のサービスを利用したりすることもあるでしょう。その場合には、CSIRTはこれらの者との窓口となって、インシデント発生時における切り分けや初動の体制を整えるといった機能を果たすことになります。

 

インシデントが発生してから、組織内での対処のための意思決定方法の確認や外部との連携のための方法の確認を行っていては、その間にも被害が拡大してしまうことになってしまうので、事前に必要な権限の適切な譲与やそのための体制作りを行っておくということです。

 

JPCERT コーディネーションセンター CSIRTマテリアル

CSIRT – 日本シーサート協議会

CSIRT奮闘記 – CSIRT奮闘記:ITpro

Substitution - FA Carlsberg Vase Final 2009 - Glossop North End v Whitley Bay

Flickr、新しい写真編集機能にAviaryを採用

Flickrが、サービス内で使う新しい編集機能に、Aviaryを採用したと発表した。今後2週間の間に順次適用になるようだ。

Announcing a new and faster photo editor from Aviary « Flickr Blog

Flickr、Google Picnikに代わる写真編集機能としてAviaryを採用 – ITmedia エンタープライズ

Aviary.com

現在Flickr上では、Picnikというサービスを使って、オンライン上での写真の編集ができる。Eye-fiから自動で写真をアップしているような場合に、一度アップしてしまった写真をトリミングしたり、色調などを変更したりする(そのままFlickrに保存できる)のに便利なサービスだったのだが、Picnikを提供しているGoogleの方針により、4月半ばにサービスがストップする見通しであった。そこに代替として、Aviaryが採用されたということになる。

Substitution - FA Carlsberg Vase Final 2009 - Glossop North End v Whitley Bay

Photo by Maenie.

個人的には、Aviaryは以前ウェブで少しいじったことがあったが、それきりになっていた。その後iPhoneなどのアプリも出していたようだ。

AviaryはHTML5で動いているため、iPadでも利用できるそうで、Flickrにアップした写真を、iPadを使ってオンライン上で編集するということが可能になる。実はPicnikがなくなった後、Flickrにアップした写真の編集を何でやろうか考えていたところだった。個人的には非常に助かる。

楽しいみんなの写真 -とにかく撮る、flickrで見る。ソーシャルメディア時代の写真の撮り方・楽しみ方

[rakuten]001:9784861007545[/rakuten]

岡田朋之・松田美佐編『ケータイ社会論』(有斐閣選書)

ケータイを通して現代社会を学ぶ、主として社会学系教員からなる入門書。2002年の『ケータイ学入門』の全面リニューアルという位置付けだ。「社会とケータイのかかわりについて、できるだけ多様な側面から光を当てよう」という趣旨での改定。執筆陣には、新潟大学から、博士研究員の上松恵理子先生、人文社会・教育科学助教の吉田達先生が加わっており、お二人から献本いただいた。どうもありがとうございます。

全体に目を通すに至ってはいないが、目次と、編者のお一人関西大学岡田朋之先生による、第一章を読んだところで、雑感を書いておく。

この本では、「ケータイ」という言葉により、携帯「電話」としてではない多能な側面を表現している。大変興味深いのは、IT、情報化、若者文化、青少年保護、教育といったセクターで、それぞれの(業界の?)立場からケータイが毀誉褒貶にさらされてきた、という見方だ。これに対して本書では、「ケータイをはじめとする情報メディア」が、これらの各領域それ自体を揺るがしている(恐らく教育分野が念頭にある?)中で、いわば部分最適ではなく、トータルな最適化、総合的視点の必要性を強調している。

Say goodbye...

Photo by Cheo70 on Flickr.

実際この本の提示するトピックは多様だ。全体を貫いているのは、「社会的存在としてのケータイ」「当事者の視点」の二つの視点。ケータイは、技術的側面ばかりが注目されがちだが、「さまざまな立場の人々がさまざまな思惑のもとにかかわることで具体化しているもの」であるという意味では、社会的存在であるということ。この視点が一つ目。二つ目の「当事者」というのは、送り手や売り手ではなく、利用者の目線ということ。利用者の目線で見たときには、ケータイをめぐるさまざまな領域の実情が見えてくるということだろう。

章建てとしては、メディアとしてのケータイ、さらには、普及や多機能化に至るケータイの歴史といった、オーソドックスな記述に加えて、コミュニケーション、自己意識、身体感覚と言った側面、家族コミュニケーションのあり方、ケータイと学校教育という側面にも光を当てる。教育とケータイ、もう少し広げて、教育と情報機器、というのは、現在も微妙な緊張関係をはらんでいる。大学で同僚と話していても、電子機器やネットへの理解がネガティブなイメージに固まっていて、なかなかうまく話を進められないことは多い。まして初等中等教育では、こうした緊張関係は現在も非常に強いと聞くし、まさしくこの本の取り組むべき肝の部分だろう。第7章は新潟大学博士研究員の上松恵理子先生のご担当。

終盤はさらに視点を広げ、ケータイがもたらすネットとリアルの交錯(たとえばARなど)、ケータイと監視社会、流行や風俗上のアイテムとしてのケータイ、などのトピックが登場するほか、海外のケータイ事情について、11章で韓国、フィンランド、ケニアが取り上げられている。「監視社会」が新潟大学吉田達先生のご担当。

全体を通読してはいないのだが、印象としては、「社会的存在としてのケータイ」をさまざまな側面から分析するにあたり、ケータイや情報化社会のネガティブな側面にも一定の配慮をしてはいるものの、ことさらに不安をあおる立場には与することなく、ある種の中立性を保っているように感じる。こうした「入門書」が、メディアやネットに比較的ネガティブな立場をとる「文系」の大学・学部の教育課程に導入されていくならば、徐々に大学の教育課程にもよい変化がもたらされるのではなかろうか。

[rakuten]001:9784641281257[/rakuten]