ペニーオークションサイトのパッケージ化


LACの川口さんによる、ペニーオークションのスパムについての解説。
ペニーオークションは、入札ごとに少額を支払う(厳密にはあらかじめ購入したポイントを支払う)オークション。最低価格が非常に安いものが多いのだが、実際に落札できる人は1人で、それ以外の人はポイントの払い損になる。そこにサクラなどによる操作が入り込めば、多くの人がひたすらポイントをかすめ取られるということになる。調べてみると、ペニーオークションサイトは現在乱立しており、怪しげなサイトも多いのだが、普通のユーザは気がつかないかもしれない。実際、今日学生たちとこの話をしていたら、引っかかりそうになっていた学生がいた。
川口さんによると、 ペニーオークションサイトのパッケージ化、ASP化を疑わせる現象が起きていて、スパムメールを送ってくるサイトが使っている説明文は、他のペニーオークションサイトと、かなり似ているものが多いという。たとえば、「オクの誓約」という単語をGoogleに入れてみると、大量に同じ内容のページが出てくる。たしかに、パッケージ化されている感じがする。
オクの誓約 – Google 検索
このほか、僕が調べた(検索してみた)ところでは、「落札者の喜びの声」も同じ内容が載っているものが多い。たとえば、「まさかこんな値段で落とせるとは思ってもおらず。。誕生日月だったので、いい誕生日プレゼントになりました!」というフレーズをGoogleに入れると、同じ内容のサイトが多数存在していることがわかる。これを偶然の一致とは思えない。
まさかこんな値段で落とせるとは思ってもおらず。。誕生日月だったので、いい誕生日プレゼントになりました! – Google 検索

ちなみに僕のメールボックスにはこの手のメールはほとんど来ていなかったが、実は迷惑メールフォルダにポツポツと入ってきていた。
Twitterも検索してみると、かなり怪しげなユーザからのTweetがたくさん見つかる。
ペニーオークション – Google 検索

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2011年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Instagram

Instagram