Evernote と Google の「同時検索」機能:過去と現在の串刺し検索


Evernote と Google の「同時検索」機能:過去と現在の串刺し検索ICHINOHE Blog

Google Chromeのエクステンション(拡張機能)で、Evernoteの検索結果をGoogle検索と同時に表示できるようになった。

はてぶやdeliciousにブックマークする際に僕は、Evernoteにも同時にブックマークをためこんでいくようにしている。実際のところ、Evernoteにためこむことで何かしようというもくろみはなくて、ほとんどはdeliciousなどを掘り返すことで用が足りている(したがって、一か月の容量ギリギリの状態にあるけれど、無料からプレミアムへの移行は行っていない)。

というわけで、今回の拡張機能で、GoogleでEvernoteを検索できるといっても、さほど注目はしていなかったのだが、以下のLifehacking.jpの記事を読んで、合点がいった。

リンク: Evernote と Google の「同時検索」機能。その意味とは?.

Google の検索がいかに個性化されたところで、本質的にそれは「自分がまだ触れていない情報」へのアクセスを促しています。

それに対して Evernote は「過去に自分が触れた情報」「自分が Evernote にいれるくらいには興味をもっていた情報」という側面を探し出してくれます。

このことは、過去にすでに Evernote に入れたのを忘れていた情報を取り出すのに便利なだけでなく、過去の経験を「現在知りたいこと」の検索ワードで串刺しにするという意味ももっています。

過去に自分が接した情報といっても、ウェブのブックマークに限らない。たとえば、紙でもらったパンフレットのデータや名刺をスキャンしたもの(Evernoteはプレミアムにすると日本語OCR機能がある)を、Googleと同時に検索できるなら、現在と過去のネット情報にとどまらず、過去に手に入れて紙の情報や口コミ情報(のメモ)なども一気に検索できることになる。いわば自分の外部記憶と、ウェブ上の未知の情報をつなぎあわせるわけだ。

というわけでこの拡張機能で、ただためっぱなしだった、僕のEvernoteのデータを、役立つ外部記憶として、しばらく利用してみようと思う。