総務課長のお通夜


総務課長のお通夜ICHINOHE Blog

昨日、横浜のシーサイドラインの車内でメールを見て、愕然とした。

病気療養中だった、敬和学園大学の総務課長さんが、昨日亡くなったという知らせだった。ざわついた心のまま今日新潟に戻り、5限が終わってからなのでだいぶ遅刻したのだが、お通夜に行ってきた。会場に行ってわかったのだが、まだ56歳という若さであった。夫人も同じく大学の事務職員で、よくお話しさせていただいている方なのだが、今日ばかりはかける言葉がなかった。

半年近い闘病で、拝見したお顔はだいぶ痩せてみえたが、ここしばらくは自宅で療養されていたとのこと。家族とともに自宅で最期の時を迎えられたのは、せめてもの慰めといえるだろうか。今年の初め、送別会の件で相談にのってもらった時には、あんなにお元気だったのに。本当にあっという間のことであった。