iPhoneにメールがきても点滅しない問題


iPhoneの販売不振が語られる中、海の向こうではAndroid携帯が発表され、Window Mobileと三つ巴でSmartphone業界の競争が活発化していく様相だ。

一方友人と僕の間では、iPhoneが不在着信やメール着信を知らせる点滅ランプがないことが問題になった。一定時間で画面が暗くなる設定を解除しなければ、iPhoneでは、画面にでている着信のお知らせも消えてしまい、再度操作するまで、表面上はなにも出てこなくなる。

友人は、「それもiPhoneが売れない原因かもよ」といい、僕はあまり同意できないなあと思ったが、たしかに以下のような記述をしている人も、すでに少数だがいるようだがいるようだ。

リンク: [iPhone] 重大……と思われる問題   – DAILY TAKE IT EASY!.

電話をずっと眺めてるわけにはいかないよね?
眺めていないときに着信やメール受信した場合には?
普通、携帯電話だと、着歴やメールをひらくまでの間、
点滅やなにかしらのシグナルを出してくれるでしょう?
ないよ。ない。

なぜAppleがこの機能を付けなかったのか、そこに文化の違いがあるのかどうか、そこはよくわからないが、たしかに携帯メールの円滑な送受信に頼って生きている人たちからすると、かなりまずい欠陥だ。

僕はGmailもiPhoneで受信していて、これで仕事のメールも含めてここで処理できる(あまり返事はしない)ことに非常に満足している。が、Gmailを設定した結果、Gmailに入ってくる大量のメール一つ一つがくるたびに、メールを知らせるアラートが出続けたらうざったいなあと、実は最初そう思っていた。

実際には、i.softbank.jpのメールについては、「メールを受信しました」というお知らせがでるし、SMSは文面も表示されるけれども、Gmailの受信時には、バイブだけ。これはちょうどいいバランスだと感じて、それで満足していたので、お知らせ画面が出るのにすぐにスリープになってしまうことに、さほど問題を感じていなかった。

で、今日何があったのかというと、友人からお誘いのメールが来ていたのに、iPhoneを手元から離していたために2時間ほど気付かなかったのだ。たしかにこれは不便だし、実際に経験してみると、どうにかしてほしい点ではある。

僕は携帯での文字入力が今でも遅く、あまり込み入った内容を頻繁に携帯でやりとりすることは、もともとない。その結果として、僕の携帯にメールしてすぐに返事を期待されていること自体非常に少ない。ときどきめんどくさくなって、携帯でもらったメールにパソコンから返事をしている。さらにアドレスが変わったこともあり、iPhoneにメールをくれる人はごく少数であり、ほとんどなにも問題を感じていなかったわけだ。

そんなに急ぐなら電話すればいい、という風に考えがちなのは、電車移動で電話に出られない時間が長い都会人とのライフスタイルの違いのせいかもしれない。特に待ち合わせに向かう電車の中で、短いインターバルで連絡をとりあうのに、携帯メールは便利なので、都会人がメールのインフラに依存して日常生活を送るというのは、よくわかる(ちなみにそういうときには、iPhoneを「携帯」しているので、点滅しなくてもメールには気がつく)。田舎でもそのように速いコミュニケーションを携帯で行っている人たちはいるだろうが、僕はまだそのようなコミュニケーションのペースが必要な状態にはない。
たぶん僕は、携帯でのメールのやり取りが面倒なので、期待度の違いに気づいているけれどもそのペースには入りこもうとせず、PCメールでのやや緩やかなコミュニケーションに、あえてとどまろうとしているのかもしれない。

それともう一つ。1対1と1対多のコミュニケーションの境界が、どんどんあいまいになっていて、僕の中では、メールの存在がその狭間で位置づけのあいまいな存在になっていっていることも、なにか関係があるのかもしれない。

以前から、1対1の電子メールに対して、1対多のMLとかメルマガというのは存在していた。が、それらは仕組みとしては、一応別々の存在であった。でもいま僕らが使うことができる、ブログ、さらにはTwitterのようなミニブログは、1対1と1対多の境界をかなりあいまいにしていて、僕は自分がいままで友人に会うと語っていた内容を、多少加工しているにせよ、こうやってブログに書いたり、Twitterなどにつぶやいているような気もするし、実際順番を前後する形で、友人やゼミの学生に、ブログで書いた内容を話していることも多い。

対面で話したり、チャットで話している時には、リアルタイムでやりとりしていることによるメリットがあるわけだが、これをメールでやった場合には、一生懸命に書いても、返事をくれるのは送られた相手だけだし、タイムラグもあり、リアルタイムに時間を共有している感覚は少ない。

もちろん特定の相手だけでに伝えるべき内容ならば、メールで送るべきなのだが、もう少し雑談めいた内容であれば、むしろより緩いつながりのFollowerからも、何らかの反応がある(あるいはその可能性がある)Twitterなどのほうが、より広い範囲からフィードバックを得られるので、書く側の動機付けはあがるように、僕には思える。くわえてメールの場合、受け取る方には、自分にだけ送られたものだから、早急に返事をすべきだという圧力がかかる。この「早急さ」の度合いは、人により世代によってかなりばらつきがあると思うが、いずれにしても、放置するわけにはいかないのだろう。でもそのメールは、本当に、特定のその人にだけ、伝えられるべきメッセージを含んでいるのだろうか?逆にもう少し緩やかに、知り合いぐらいの人に、つぶやいてみたいだけの、たわいもない内容ではないのだろうか?

そういうと、逆に、そんなたわいもないことを見ず知らずの人に知られたくない、という人もいるだろう(個人的に語っているつもりでも、実はTwitterでは、デフォルト誰にでも見える状態で発言しているという自覚を持つことは、たしかに重要ではある)。しかし、返事なんかどうでもよくて、とにかく誰かにこの話をしたい、というたぐいの話は、聞かされる方にとっては結構な負担であり、メールで受け取るのは気が重い。でも、それらをノイズとしてTwitterに放り込んだ時に、受け取るかどうか自由に選択できる他のユーザに、何らかの形で響いたり、役に立ったりする可能性はあり、そのほうが発信者/受信者双方にとってハッピーな場面は確実に存在していると思う。

と、ここまで書いて、メーリングリストがそれなりに今でも使われていることを思い出した。見ず知らずの人にも公開された状態で話すことは、新たな価値を生み出す可能性とみるのか、それとも気軽に話せなくなるマイナス要因とみるのか、その差があるのかもれない。僕は前者の立場だ。

まあとにかく、どんな理由であれ、携帯メールの受信に一刻も早く気付かなきゃいけないけど、肌身離さず持っているのもいやな人は、iPhoneを使うのはまずそうだというのが、おもに僕の友人からのアドバイスだ。僕もその意見にそんなに反対ではないが、PCでできることの何割ができるかという目線で評価できる人には、たいして重要な問題ではあるまい(というか、ファームウェアアップデートのレベルでの解決はむずかしいだろうか?)。

今までの携帯でできることを維持拡大したいという人と、多少今までの携帯でやっていたことができなくなっても、今までPCでやっていたことをより多く携帯でできるようにしたいという人と、どちらが多いかという話で、後者が思ったほど多くなかったという話なのだろう。たぶんソフトバンクは一時的にはがっかりしているだろうが、携帯業界全体としては、この兆候を煽りたいという本音があるような気もしないでもない。

これからiPhone、Windows Mobile、Androidと出そろう中で、Skypeのような抜け道がでてきたり、とにかく携帯電話会社が提供するインフラを経由せず、無線LAN経由でさまざまなサービスを利用する人が増えてくるだろうし、サービス内容もどんどん多様化してくるだろう。それらの新しい動きに人々が群がることなく、できるだけ今まで通りに使いたいという人が今のところ多いのだとすれば、携帯電話会社としては助かる話だ。他社との競争上、Smartphone系に各社手をつけているけれども、日本の場合には特に、今まで構築した枠組みの中で、携帯を使ってほしいというのが本音のような気がする。携帯電話会社は、新しい枠組みの中では、Clear Pipeを提供する無色透明な存在に向かっていってしまうからだ。

というような話をSkypeチャット経由で友人にしてみたが、2時間もメールを見てなかったことの言い訳としては通用しなかった。1対1ではなく、1対多のブログやTwitterでつぶやいたら、多少は賛同を得られるのだろうか。

2 件のコメント

  • あー。わかりますよー。
    僕はこの件に関しては不自由を感じている派ですね。
    特に僕は携帯電話を持たずにiphoneのみで生活してるんで
    割とタイヘンです。
    でもMac好きだし、アプリとか地図とか、十二分に楽しく使いこなしてる(つもり)なんで、文句は無いですね〜。
    毎回のバージョンアップもなにげに楽しみですしね。

  • Twitter

    Facebook

    AppBank Store

    カテゴリー

    2008年9月
    « 8月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    Instagram

    Instagram