tumblrの「写真Reblog活動」に特化したiPhoneアプリ「iview」


周回遅れでiPhoneを購入した僕だが、少しずつiPhoneアプリを導入している。いろいろ入れてみた中で、今のところもっとも利用頻度の高いのが、Tumblr用のアプリケーションであるiview。

リンク: iview – tumblrのためのiPhoneアプリ « ku.

画像のビューアとしての機能に特化していて、TumblrのDashboard(自分の掲載データとFollowしている他のユーザの掲載データがリストアップされている)の中から写真データだけを表示する。ユーザはそれを次々に繰っていって、「ReBlog」をしていくだけのアプリケーションだ(実際には、We heart itなどの他の写真ブックマークサービスにも対応している)。

iViewを使ったReBlogの疾走感について、みたいもん!では以下のように説明されている。非常に共感できる。

リンク: iPhoneとiPod touchにiViewを入れてtumblrをさらに加速しよう:[mi]みたいもん!.

そして肝心なのは、reblogボタン。
このreblogボタンをクリックしても、わずかに白黒反転するだけ。
OKなども確認も何も出ずにいきなりreblog。
これはこわい、そして速い、そして快感。

そして、うっかり、この「reblog」をポチっとしてしまうと、まさに瞬間でtumblrにreblogされてしまうわけです。
繰り返しますが、こりゃ、速い。まさに脊髄反射。
iViewの場合、iPhoneをビューワーとして使っているだけではなく、通常のWebよりもある部分においてはスピードで勝っているわけです。
で、こういうものが出てくるのが、iPhoneアプリの魅力なわけです。

iPhoneのアプリケーションやiPhone向けのウェブサイトは、いずれもiPhoneで快適に閲覧することを意図した工夫がなされているが、おおむね快適に「見る」「読む」という受動的活動の範囲にとどまっている。能動的活動を行うための「入力」に時間がかかりすぎるというのが主な理由であろうが、ブックマークなど、必ずしも入力を伴わない「能動的活動」をサポートするアプリケーションも、今のところ見当たらない。

その点iviewは、通常のTumblrにある、source欄の確認画面(ここに新たにコメントを付加する)もスキップしてしまって、一気にReBlogという、なんとも定義しがたい「能動的活動」を完了させてしまう。

TumblrのReBlogについての入門編は、以下のページが詳しい。

また、この連載をすべて読めば、Tumblrについてある程度理解できるようになるだろう。

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2008年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Instagram

Instagram