携帯からの生中継(Live Streaming)を可能にするQik、iPhone 3Gに対応


携帯からの生中継(Live Streaming)を可能にするQik、iPhone 3Gに対応ICHINOHE Blog

iPhone 3Gを買う前に、このブログで以下のように記述した。

リンク: ICHINOHE Blog: iPhone Applicationにはどんなのがあるんだろう? その1:携帯中継も可能になるのか.

6月にすでに発表されているのだが、携帯のライブストリーミングのqik。Robert Scoble氏やMichael
Arrington氏が盛んに携帯からの生中継をやっているサービス。これもiPhoneに対応しているので、今後はノートPCを取り出すことなく、
iPhoneで生中継をする人が増えるのだろう。

しかし実際には、前世代のiPhoneでしかQikは使えず、iPhone 3Gには対応していなかった。

訂正を入れるべきことに最近気づいたのだが、その前にQikの方がすばやく反応し、iPhone 3Gに対応したようだ。

Qikは携帯電話からビデオストリーミングを可能にするスタートアップ。このほどiPhone 3Gでこのサービスを利用するためのアプリケーションを公開した。残念ながらこのアプリケーションはApple公認のApp Storeで買うことができないため、ユーザーがこれを使うためにはiPhoneをjailbreak(ハック)する必要がある。そして、AppleがiPhoneのビデオキャプチャー機能を使わせていない以上、おそらくまだ当分「正式な」アプリを目にすることはないだろう。

ただApp Storeからはダウンロードできない「非公式」状態で、設定もなかなか手間取りそうだが、挑戦してみる価値はあるだろう。Michael Fortson氏の軽快な紹介ビデオ。ビデオを見るとすぐにできそうな気持ちになる。

Qikサイトにある導入手順を、Techcrunch Japanが翻訳したものは以下の通り。iPhone初心者の僕には、まだよくわからないことばかりだが、あとで試してみようと思う。

以下の手順でiPhone 3G(およびiPhone OS 2.0が動作している旧型)でQikをお使いいただけます。

1. まだの方は、 http://qik.com/sign_up でサインアップし、弊社からSMSを受信してアプリケーションをアクティベートします。
2. Cydiaを起動します。
3. 最下部の「Sections」タブを選び、「Multimedia」までスクロールします。   
4. Multimediaの中でQikを探します。タップした後、右上の「Install」ボタンをタップし、同じ場所の「Confirm」をタップします。   
5. これでQikがインストールされます。インストールが終ったら、下にある「Return to Cydia」ボタンを押すか、そのままCydiaを終了します。   
6. ホーム画面に「Qik」のアイコンが表示されるので、これを起動します。   
7. 最初に起動したときに、受信箱に最初のサインアップ用SMSテキストメッセージが残っていれば、あなたのアカウントとiPhoneがリンクされます。   
8. ブロードキャストを開始する際には、3GサービスまたはWiFiに接続していることを確認してください(edgeはビデオのストリーミングには不足です)。   
9. recordボタンを押して、Qikをお楽しみください。

追記:Jailbreak(脱獄)を行うと、アップルの保証の対象外になるとか、パケット定額の枠から外れるかも、といった憶測があちこちで飛び交っている。真偽のほどは不明だが、Appleやソフトバンクとしては、あんまりうれしいことではないのであろう。少なくとも現段階では、自己責任での挑戦となることを念のため強調しておきたい。。Mac用には、PWNAGE 2.0というJailbreak用のソフトが出ていて、結構簡単にできてしまうようだ。

Winユーザ用にはまだいいツールがないようで、以下の記事では、結構厄介そうな手順が紹介されている。

これまでのところ、「iPhone 3GでJailbreakするメリットはあまりない」というような記述も見られるが、今回これでQikで「生中継」が可能ということになると、ひょっとすると風向きが変わってくるかもしれない。