東京関連の本「『昭和20年』東京地図」「東京の下層社会」など

「昭和二十年」東京地図

東京の歴史をたどろうと思って買ったのが以下の二冊。

「昭和二十年」のほうは、烏山、佃島、神楽坂、早稲田など、なじみのある町の歴史をたどることができるもの。20年を境にしてどう変わったか、書いてはあるけれどもそれがメインという感じはない。地図が掲載されているわけではなく、写真も少ない。「下層社会」はアマゾンが「あわせて読みたい」というので、本屋で開いてみて、買った。

まだ手が出ないけれども、同様の関心からいずれ買おうと思っているのが、以下の三冊。数十年前の「井の頭線」には、のどかな風景が広がっていたということが、よくわかる。「GHQカメラマン」シリーズは、「続」のほうを以前本屋でぱらぱらと見たのだが、カラー写真のリアリティに圧倒された。GHQのいた時代が、確実に今を生きる自分たちとつながっていて、しかもたいして昔のことではないと、カラー写真はそんな当たり前のことを、あらためて感じさせてくれる。

井の頭線沿線の1世紀 (ARCHIVE SERIES)
鎌田 達也
生活情報センター
売り上げランキング: 326044
GHQカメラマンが撮った戦後ニッポン
杉田 米行
アーカイブス出版
売り上げランキング: 124471
おすすめ度の平均: 5.0

5 資料性+総天然色の衝撃
5 貴重な歴史の証言の中に、自分自身がいるようだ。

続・GHQカメラマンが撮った戦後ニッポン
杉田 米行
アーカイブス出版
売り上げランキング: 161459
おすすめ度の平均: 5.0

5 総天然色ノ衝撃再ビ

以前に書いた同趣旨の記事。

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2008年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Instagram

Instagram