津軽遺産


津軽遺産認定実行委員会が、5件の「津軽遺産」を認定したそうだ。

リンク: 地域 北海道新聞:蒸気ポンプなど5件が「津軽遺産」に 弘前、平川両市.

認定されたのは、ろうそくまつりやミニ炭俵の製作で知られる「旧相馬村沢田地区」、戦乱の歴史を後世に伝えるとともに、眺望も素晴らしい「石川城址(じょうし)大仏公園」、弘前地方の在来種トウガラシ「清水森ナンバ」、津軽に古くから伝わる水あめ「津軽飴(あめ)」、弘前消防本部が保管する、大正期の貴重な「蒸気ポンプ」の五件。

僕は「津軽飴」ぐらいしか知らなかったが、知られざる「遺産」」を掘り起こし、あらためて人々に知らしむるというのが目的なので、それでいいのだろう。今
年の弘前の桜は、4月25日に満開になると予想されている。ゴールデンウィーク後半になると、葉桜になっていそうだが、代わりに(?)こうした新しい「遺産」を
訪ねてみるのもいいかもしれない。

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2008年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Instagram

Instagram