Yeti Airlines

Air Arabiaがネパール進出


Air Arabiaがネパール進出ICHINOHE Blog

UAEの格安航空会社Air Arabiaが、ネパールのYeti Airlineと合弁会社を設立し、ネパールで格安航空事業を始めると発表した。ネパール政情は安定に向かうと見ての先行投資か。

リンク: Air Arabia to open new hub in Nepal to serve Asia and Middle East.

Air Arabia, the first and largest low-cost carrier (LCC) in the Middle East and North Africa, announced today that it will establish a new hub in the Nepalese capital, Kathmandu, providing the Sharjah-based LCC with a platform from which to serve markets stretching across South and Central Asia, the Far East, Middle East and Indian Subcontinent. This announcement follows the signing of a joint venture agreement between Air Arabia and Yeti Airlines, the market leader in domestic air travel in Nepal and approval from Nepal Government’s Department of Industries (DOI).

記事によると、カトマンズからシャールジャへのフライトを皮切りに、インド各都市、ドーハ、クアラルンプールなどへのフライトが予定されているようだ。

クアラルンプールからカトマンズに飛べるのは結構便利かもしれない。ただ、KLIAでもLCCターミナルを使うことになるのだろう。

Yeti Airlineは、ポカラ行きで一度利用した。

Yeti Airlines

KLIAのLCCターミナル。メインターミナルに比べるとかなりチープな作りなのだが、カトマンズの空港から来たら、あまりのきれいさに感動するかも。
LCC Terminal, Kualalumpur International Airport, Malaysia