Web2.0に戸惑う大企業(1)――勉強の時間は終わった【コラム】�インターネット-最新ニュース:IT-PLUS

今年一年、新任地敬和学園大学のゼミで、梅田望夫さんの『Web進化論』からはじまって、「Web2.0」関連の文献を読んだり、サービスを利用するという活動をしてきた。残念ながら学生たちは、「結局Web2.0って何なの?」っていう漠然とした疑問からなかなか外に出てくれなかったように感じている。

実は日本のあちこちで、同じような現象が起きていたということなのだろうか?

リンク: Web2.0に戸惑う大企業(1)――勉強の時間は終わった【コラム】�インターネット-最新ニュース:IT-PLUS.

 日本で行われる勉強会などでは、ネットビジネスの現状を「Web2.0」というキャッチフレーズをもとに議論す
るから混乱を招いている。しかしSummitで主に議論されたのは、「2.0」という名前を冠しているものの、現状認識や将来像などではなく、実際のサー
ビスのあり方とその方法論である。そして、そこから見えるインターネットの世界は明らかで、もはや後戻りすることはないだろう。

 例えば、今後ユーザーは自らが参加できない、あるいは気軽に情報発信できないようなサービスに満足することはないし、ロングテール現象がなくなることも考えられない。

 大企業がネットビジネスを行う、あるいは現状のネットビジネスを変化させる際、生産性や効率性、自社の既存のビ
ジネスへの付加価値、あるいは株価への影響を考えるのは当然のことだろう。しかし、「Web2.0」を取り巻く現状もその将来像も明らかであり、後戻りで
きない以上、思考の順序が逆なのではないかと思ってしまう。

 極論すれば、まず、インターネット、あるいはインターネットの進化の方向性に適応していくことを第一に考え、次
に、そうした変化に対応しつつ、生産性や効率性を向上させることができるのかを検討するといった手順が順当なのではなかろうか。試験的にでも現在のイン
ターネットビジネスに取り組むこと、そしてどのような形であれ、バーチャルな世界での存在感を示すことの方が重要と思えてならない。

 「勉強」ばかりに執着し、現在のビジネス、あるいはインターネットの進化に適応しようとしない企業が、次の進化を迎えたときにできることは限られているだろう。

「Web2.0」型サービスのビジネスとしての成否はどうあれ、インターネット上でのこの流れ自体は止められないんだから、その上でどう対処すべきかを考えるしかない、という指摘だ。

おそらく「どう対処すべきか」からスタートできるのは、「Web2.0」と称される現象を、ある程度(感覚的にであれ)理解している人だけなんじゃないかと思う。あまりよく分かってない「エラい人」はもちろん、ネット体験自体が乏しかった今年のゼミ生たちも、結局のところ、まず定義としての「Web2.0」から入って理解しようとするのだろう。エラいビジネスパーソンの場合は、「生産性や効率性、自社の既存のビ
ジネスへの付加価値、あるいは株価への影響」といった点で、明るい見通しが立たないと、態度がシュリンクしてしまう。学生たちの場合は、「参加」の経験やモチベーションが乏しかった。今年はその動機付けに最後まで苦しんだ1年間だった。

高校生の(携帯以外の)ネット経験は相当に貧弱なようだ。情報科目を適当に扱ったせいかもしれないし、「ネットは危険」という認識で、子供たちを過度にネットから遠ざけたせいかもしれない。その上で、「どう対処すべきか」からスタートできる大学生を育てるのは、これからも相当骨の折れる仕事になるような予感がする。

【みんなで投票チャンネル】とはてなテレビ

Wii関連の話題(CNETにTB後、内容に合わせてタイトルを変更した)。

リンク: Wiiチャンネルで世界各国から投票できる【みんなで投票チャンネル】の配信が開始に – CNET Japan.

「そんなにみんな参加するかなあ」というのが率直な感想だが、地域や国ごとの投票結果を見られるというのは、案外面白いかもしれない。さっき見たら、うちのWiiも青く光ってたので、たぶんそのお知らせが来ているのだろう。

次。

リンク: ユーチューブ動画をテレビで再生・はてなが「Wii」で接続�インターネット-最新ニュース:IT-PLUS.

ブログ(日記風の簡易型ホームページ)サービスのはてな(東京・渋谷、近藤淳也社長)は13日、米動画共有サイト「ユーチューブ」の動画を、任天堂のゲー
ム機「Wii」のインターネット機能を使ってテレビで見られる無料のサービスを始める。表示範囲が狭いWii向けにホームページをデザインすると同時に、
テレビらしく極力操作せずに動画を楽しめるようにした。

Wiiを使ってサイトに接続し、リモコンでテレビ画面上に表示されるボタンを選んで操作する。音楽、お笑い、アニメのチャンネルを選ぶと、動画を人気順に連続再生する。パソコンでも見られる。

この報道について、今のところまだ、はてなから公式アナウンスはない。が、これとは別に、株式会社はてなのサービスではないはてなテレビ.」という謎のサイトが存在していることが判明し、はてなブックマークでちょっとした話題になってきている。

「第18回日本海カップ綱引き選手権大会」

ブログにすると情報の流れがどう変わるか。
敬和の「Webキャンパス日誌」で実験してみる。

リンク: 敬和学園大学-Webキャンパス日誌20070211「第18回日本海カップ綱引き選手権大会」.

新発田市カルチャーセンターにて行われた「日本海カップ綱引選手権大会」に、敬和学園大学の学生と教職員でチームをつくり、参加してきました。この大会
は、冬の新発田を盛り上げようというアイディアから生まれた大会で、今年で18回目の開催となります。新潟県内はもちろん山形県などから合計24チームの
参加がありました。

昨日「綱引きお疲れさま」っていう会話が飛び交っていた。私はこの日の学生のブログ記事で知った。

UAEのフィルタリング

OpenNet Initiativeの記事。元記事はGulf News.

リンク: OpenNet Initiative Blog � Blog Archive � Dubai free zone will no longer have unfettered Internet access.

これまでもUAEでは、国家によるフィルタリングが行われていたが、DubaiのFree Zoneだけは、検閲のないアクセスが保証されていた。しかし、この例外は年内に廃止の方向だそうだ。

ONIのこのレポートは参考になる。
リンク: ONI: Internet Filtering Map.

ロングテール提唱者のアンダーソン氏、アマゾンの問題点を指摘 – CNET Japan

ちょっと前に、Web2.0の本物偽者論争が行われていたが、要するにアマゾンですら、もうちょっとオープンにならないと、ロングテールを生かしきれませんよ、という話。

リンク: ロングテール提唱者のアンダーソン氏、アマゾンの問題点を指摘 – CNET Japan.

つまり、AmazonはAvailabilityを満たしているものの、Findabilityに問題があるというわけだ。Amazonには掲載されてい
ないThe Long, Long
Tailのレビューも、出版された当初には紹介文がどこかで書かれていたことだろうし、ページ数の情報もどこかにあるに違いない。それを「ネットワークの
利点を活用して手に入れられていないことに問題がある」とAnderson氏は説明する。

もちろん、外部にある「価値ある情報」を取り込めれば、さらにアマゾンの価値も高まるだろう。わざわざアマゾンのサイトに行って、ブックレビューを書こうとする人は少数派だと思うが、同じようなレビューは、ブログやSNSにあふれている。しかもアマゾンのデータに紐づけられているケースは多い。ノイズを排除するとか、アマゾン自身の提供する情報と外部の情報を区別して表示させるとか、工夫すればいろいろ可能性は広がりそうだ。