企業がブロガーにお金を渡す行為、55.5%が「賛成」

ブロガーにお金を払って宣伝してもらうことについて、インターネットユーザはそんなに気にしてないようだ、という記事。

リンク: 企業がブロガーにお金を渡す行為、55.5%が「賛成」.

企業がブロガーに、宣伝のためお金を渡す行為については、44.5%が「反対」と答えた。理由としては、「お金をもらってブログを書いたのか、本当に書き
手が良いと思ったのかがわからず読者の混乱を招くから」が79.8%で最も多かった。ただし、「賛成」が55.5%で反対を上回っている。その理由として
「企業のために書いた記事の報酬を受け取るのは当然だから」が68.0%でトップだった。

 また、企業が自社商品の推薦記事を書いてもらうため、ブロガーにお金を払う場合があることについて、41.3%が「知っている」とした。さら
に、「知っている」回答者に対し、企業からお金をもらって書いている友人・知人の推薦商品(サービス)を信用するのか尋ねたところ、63.0%が「信用し
ない」と答えた。同様に、お金をもらって書いている知らない人のブログでは、86.7%が信用しないとしている。

つまり、企業がブロガーにお金を払っているという実態を知っている人が4割、という状態だ。その4割が事の本質をどこまで理解しているのかもよくわからない。そのような状態で、「ブロガーに、宣伝のためお金を渡す行為」に反対が44.5%だということになる。

ブログって日記だと思っている人は、一部ブロガーがすごい影響力を持っているとは思ってないだろうし、そういう人は世の中たくさんいる。だからこそ、「ステルス」をやろうとする人がいるともいえる。ものすごく丁寧に背景を説明してから、再度このアンケートを行えば、結果は真逆になるんじゃないかという気がする。

教室に浸透するEラーニング2.0:学習の現場を変えるウェブアプリケーション – CNET Japan

同じようなレビューが、日本語化されたサービスについても、あるとうれしい。以下の記事は英語圏のEラーニングの動向。

リンク: 教室に浸透するEラーニング2.0:学習の現場を変えるウェブアプリケーション – CNET Japan.

この中で使っているのはmoodleだけ。設定に苦労したが、だんだんわかってきた。忙しい日々の中で使いこなすには、ちょっと設定が複雑かなあという印象。あれを組織全体まで浸透させるのは大変そうだ。

「協同学習」っていうのは、概念としては面白いが、実はなかなか大変だ。指示待ちで、「言われたとおりにやる」という、学校での基本動作は、深く深く人間の行動に浸透してしまっている。協同学習がどのように成績として評価されるのか、そこもはっきりさせないと、暗記型のテストで最終的に評価されるならば、人の作業に「ただ乗り」する者もでてくるだろう。

このように行動しがちなのは、「日本人」とか「今の若者」とか、特定のカテゴリーに属する人々の傾向なのかどうか、この点の判断は留保する。

とりあえず覗いてみようということで、Elgg.netに入ってみた。

 

齋藤孝「教育力」を読み始めた。自発的な学習態度をいかに引き出すか、という話を今読んでいるところ。教えることに慣れてしまった人が、もう一度自分の立ち位置を考えるのに役立ちそうだ。