新潟市議のブログ

新潟市の市会議員の中には、ブログを書いている人が結構いるようだ。その代表格の佐藤ケンさんは、他の議員のブログの面倒も見ている。今度は県議選に出るつもりみたいだ(「出るよ」っていうだけならば、「選挙運動」にはならないのかな。)。

リンク: 新潟市議 佐藤ケン.comのコラム:観光立県について – livedoor Blog(ブログ).

佐藤さんの意見を全部見たわけではないが、観光は大事だけれども「観光メイン」で考えてもダメ、っていうこのエントリの意見には大いに賛同する。新潟の観光は、まだ伸びしろはあるんだけど、それでも限界がある。

ふだん、新潟県政や新潟市政には全く関心を持たずに暮らしている(新潟情報は、新聞社をはじめとして、RSS配信がなさすぎるから、といいわけ。)ので、こうやってブログで問題提起をしてくれるのは、非常にうれしいことである。

la_causette: どこの誰だか分からない人のコメント

ブログ実名派(実名推奨派)の小倉先生のブログで、ついにコメントへの「承認制」を採用し、過去の「匿名」コメントの削除を行うことにしたようだ。

リンク: la_causette: どこの誰だか分からない人のコメント.

僕は大学で働き始める前、「ネットでは匿名にしておいたほうがよさそうだ」、と思えるような職場環境で、数年間働いていた。なので、小倉先生の立場にかみついている人たちの気持ちも、わからないではない。

でも、コメント欄で匿名派の人の「言論の自由」を保証することが、そんなに大事なことだとも、僕には思えない。「匿名の発言は卑怯だから別に発言の場所を与えなくてよい」からではない。いくらでも外側に発言の場所が確保されているからだ。

自分の匿名のブログに他人のブログのエントリを批判する記事を書くのでもいいし、はてなブックマークなどに、自分のコメントを書くのでもいい。他人がブログに書いた内容に関連付けたコメントは、他の場所にいくらでも書く場所が確保されている。もちろん、ブログエントリのコメント欄に書かれた内容は、そのエントリとの関連性が明示的になっているので、見ているほうにはわかりやすい。また、コメント欄に比べると、コメントする人があらかじめ、常設的な自分用の発言の場所なり、アカウントなりを用意する必要がある。でもそれも、たびたびコメントしている人にとっては、大した手間ではないだろう。

かつて日記猿人(その後「日記才人」に。あ、いま検索したら、日記才人は健在だ。)の新着リストで、微妙に関連づけを主張しあいながら、日記を書いている人たちがいた。それらは今のネットに比べると非常に脆弱な関連付けのもとで交流していて、外側(とりわけ日記猿人の仕掛けを理解していない人たち)から見ると、非常にわかりにくかったに違いない。

その頃の構造に比べれば、ブログでの意見に他人から「コメント」される可能性というのは、コメント欄が閉鎖されても、依然としてきわめて高い状態をキープするように思う。実際にブログ検索、トラックバック、ソーシャルブックマークといった仕掛けの組み合わせにより、関連付けの仕組みは相当に洗練されてきている。多少のタイムラグはあるにせよ、言論空間への影響は、大してないんじゃないかと思う。

ちなみに僕のこのブログは、すでに以前から、コメントもTBも承認制にしてある。ほとんどがスパムで、承認するのも内輪からのコメントがほとんど(内輪に成りすましたコメントがないとは断定できないけど。)なので、大勢に影響はない。

教員のICT活用指導力、文部科学省が18項目のチェックリスト – CNET Japan

教職志望者は、「IT業界なんて興味ないので、コンピュータなんてやらない」という人が多いけど、これぐらいは「できるようにしろよ」ってことのようだ。

リンク: 教員のICT活用指導力、文部科学省が18項目のチェックリスト – CNET Japan.

文部科学省は、教員の「ICT活用指導力のチェックリスト」を公開した。

 チェックリストは、「授業中にICTを活用して指導する能力」や「情報モラルなどを指導する能力」「児童のICT活用を指導する能力」「情報モラルなど
を指導する能力」「校務にICTを活用する能力」――という5分野から構成され、計18のチェック項目が設問される。さらに、各項目に対して、「わりにで
きる」「ややできる」「あまりできない」「ほとんどできない」――の4段階でチェックする方式。

記事では、「情報モラルなど
を指導する能力」が重複しているようだ。もれているのは、「教材研究・指導の準備・評価などにICT を活用する能力」。

中学・高校版では「生徒が情報の保護や取り扱いに関する基本的なルールや法律の内容を理解し、反社会的な行為や違法な行為などに対して適切に判断し行動で
きるように指導する」「生徒がインターネットなどを利用する際に、情報の信頼性やネット犯罪の危険性などを理解し、情報を正しく安全に活用できるように指
導する」――など、ネット上の反社会的な行動に対する指導に重点を置いている。

ネット上での「反社会的な行動」がどのように問題なのか、逆に身を守るためにどうしたらいいのか。という点を考えるためには、ある程度子どもたち自身がIT活用をできるようにならないといけない。大学生ですら、こうした話をすると「ネットは怖い」という単純化した理解に陥るケースが多いのだ。

こうした指導項目に対応できる先生が増えるのは、とてもいいことだと思うけれども、実は結構ハードルが高いんじゃないかという気がする。

Canon Eos Kiss Digital X

カメラの買い替え?

16日に大阪に出かけてから、出たり入ったらあわただしい日が続いた。
とりあえず2,3日は落ち着いて残務をこなそうと思う。

17日Winnyセミナーが終わって、伊丹-羽田-新宿と移動したのだが、そこでデジカメを落っことしたようで、八方探し回るも見つからず。荷物が多かったので、他の荷物に気をとられて、つい座席にカメラを置いたまま電車を降りてしまったような気がしている。誰か大江戸線あたりで拾ってませんか?低スペックながらFlickrライフの友として活躍してくれたLumixとはあっけなくお別れすることになってしまった。

新潟に戻り、いろいろ考えたのだが、結局以前から迷っていた一眼レフデジカメを購入することになった。NikonのD40なら、コンパクトカメラの上位機種と値段も変わらないし、というのが理由だったが、新潟ヨドバシの店員さんと話しているうちに、Canon EOS Kiss Digital Xに、SIGMAのレンズをつけるというフォーメーションになった。

Canon Eos Kiss Digital X

珍しく、説明書を読みながら、少しずつ使い方をちゃんと勉強している。

FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男 佐藤優の地球を斬る/手嶋龍一論文の威力

「佐藤優の地球を斬る」から。

リンク: FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男 佐藤優の地球を斬る/手嶋龍一論文の威力.

『文芸春秋』3月号(現在発売中)に外務省を震撼(しんかん)させる論文が掲載された。元NHKワシントン支局長で外交ジャーナリストの手嶋龍一氏による
「小泉訪朝 破綻(はたん)した欺瞞(ぎまん)の外交」と題する論文だ。北朝鮮の謀略に乗せられた日本の外務官僚が、主観的には官僚生命を賭(と)して困
難な外交課題に取り組んでいるのであるが、客観的には金正日の手の平の上で踊らされ、日本の国益を毀損(きそん)していく様子が実証的に描かれている。

具体的にここで槍玉に挙がっているのは、アジア大洋州局長をつとめた田中均氏のようだ。手嶋氏の「ウルトラ・ダラー」をまだ読み始めたばかりなのだが、文芸春秋の記事とあわせて読むと面白そう。

Rimo

はてなのYoutube連携サービスは、結局「はてなテレビ」はやめて、「Rimo」になったようだ。

リンク: ITmedia News:YouTubeをテレビで“ダラ見” はてな、Wii対応の動画サービス (1/2).
リンク: 機能変更、お知らせなど – はてなの日記 – ネットの人気動画を抽出、エンドレスに再生「Rimo(リィモ)」リリース.

今日は大阪に来ていてWiiが手元にないが、Firefoxで動かしてみた。一応4ジャンルに分けてあるのだが、出てくる映像はランダムだ。テレビを録画したコンテンツが多いのだが、どうしてこの映像がピックアップされたのかは、普段テレビを見てないとわからないものも多いような気がする。

IT Mediaの解説によると、

YouTubeで「Japanese」をクリックすると表示される日本語対応動画から、人気の高いものを抽出し、エンドレスに自動再生していく仕組みだ。
チャンネルは1~4の4つで、それぞれ、YouTubeの4つの動画カテゴリーに対応している。1が「Music」(音楽)、2が「Comedy」(コメ
ディー)、3が「Arts&Animation」(アート&アニメ)、4が「Pets&Animals」(ペット&アニマル)だ。

いずれにしても、テレビのコンテンツばかり。オリジナル作品はほとんど出てこない。著作権法上の問題がないなのは、4チャンネルだけということになりそうだ。

いずれオリジナル作品の比重が増えてくるのかもしれないが、このチャンネル構成では、難しいかも。テレビコンテンツばかり出てくるようなチャンネル構成は、「はてなのサービス」としてこれでいいのか?という気もする。

伊藤穣一氏のダイエット

伊藤穣一氏が、ものすごいダイエットに成功したようで、その様子をまとめたブログが、翻訳されてはじめている(ご本人は英語で書いている)。

「使用前使用後」の写真がFlickrに載っていた。
リンク: Before… after on Flickr – Photo Sharing!.

実践したのはこれ。Eat to liveという理論に沿っているようだ。
リンク: Joi Ito’s Web – JP: Joiのダイエットその1 Eat to Live by Dr. Fuhrman ダイエットを始めるきっかけ.
リンク: Joi Ito’s Web – JP: Joiのダイエットその2 8日目のまとめ.

    食べてはいけないもの:

    * 乳製品
    * 動物製品
    * おやつ
    * フルーツジュース、ドライフルーツ
    * 塩、砂糖

塩分カット、動物製品カット(肉も魚も?)、乳製品カット。
食事制限の方法もすごいけど、お酒をやめたんだなあ。僕はといえば、新潟にきてから、日本酒を自宅にストックするようになった。新潟にいる間にきわめたいなあと思えるのが、「日本酒」と「ラーメン」だけっていうのがまずいなあ。でもご当地モノってそんな感じになってしまう。

まずは「運動」かな。

J-CAST ニュース : 「ゲストハウス」のガイドブック 山と渓谷社

山と渓谷社が、都内のゲストハウスのガイド本を出したそうだ。

リンク: J-CAST ニュース : 「ゲストハウス」のガイドブック 山と渓谷社.

地方私大の就職課は、在学生の東京での就職活動の困難さを、よく理解しつつも、なかなか有効な手を打ち出せていない。せいぜいが、長距離バスを仕立てて、就職イベントに連れて行くぐらいだろうか(そういう話はときどききく)。日本の高い交通費、宿泊代を考えると、とてもじゃないが「もたない」はずなのに、都心に地方大のオフィスができると、「在学生の就職活動の拠点に」なんていう宣伝文句が出てきがちだ。泊めてくれるなら、まさに「拠点」になるわけだが。

稚内にいた頃、浅草の2000円のゲストハウスに学生たちが泊まっていたことがある。この手の宿泊施設が増えれば、地方大学生の就職活動の拠点都市として、とか、その他学生の上京に、結構有効なんじゃないかと思う。東京での学生生活は、経済的には大変だ。地方でゆったりやっても、適宜必要に応じて東京に出て、長らく滞在できるようになれば、地方の大学にとっても、むしろメリットがあると思う。

「Web 2.0 Expo Tokyo」11月に開催–10年ぶりにティム・オライリー氏来日 – CNET Japan

前エントリで書いたとおり、いまだに定義の話でとまりがちなWeb2.0。一方で、「もう2.0はいいだろ」という声もある。両者の根っこは同じだと思うけど。

リンク: 「Web 2.0 Expo Tokyo」11月に開催–10年ぶりにティム・オライリー氏来日 – CNET Japan.

11/15-16の日程は、今から確保しておこう。