「著作権法改正案で何が変わる?」文化庁吉田氏が著作権の課題を語る


「著作権法改正案で何が変わる?」文化庁吉田氏が著作権の課題を語るICHINOHE Blog

リンク: 「著作権法改正案で何が変わる?」文化庁吉田氏が著作権の課題を語る.

 吉田氏によれば、著作権法改正案は大きく分けて、1)IPマルチキャスト放送による放送の同時再送信、2)権利制限に関する規定の見直し・追加、3)権利保護の実効性の強化――という3つの内容を見直すものであるという。

とりあえず、あんまり文句の出なさそうなところを一括処理、といった印象。1)については、「同時再送信」についてのみ手当して、今後地デジが間に合いそうもない過疎地での展開をフォローするつもりだろう。ただ、有線放送については、「放送を同時再送信する場合に関しては、報酬請求権を実演家とレコード製作者に付与する」ということになった。個人的意見としては、フレッツのテレビサービスのインタフェイスをなんとかしてもらわないと、ただでさえチャンネル切り替えが遅いわけで、使い物にならないと思う。我が家では東京で使われていたKDDIと比較して、極端に出番が減っている。

無線LANでの「同一構内送信」は、公衆送信権を侵害せずに行うことができるよう、2条の定義規定を変更する。「同一構内」というのは、一つの建物ということのようだが、「一つ」ってなんなのかなあと、やたらと「つながっている」寒冷地の小さな大学を渡り歩いている僕には思える。この疑問はいまだに解消されない。