Winny弁護団事務局長が語るブログリスクと対策の4ポイント – CNET Japan

リンク: Winny弁護団事務局長が語るブログリスクと対策の4ポイント – CNET Japan.

壇先生の講演録。ブログを切り口にしているが、ウェブの最近の動向をとらえて、法的問題への対処法が述べられていて、参考になる。来週の学会報告も楽しみだ。

 「コメントと名誉毀損の問題は難しい」と壇氏は言う。自分が他人の名誉を毀損するような記事を書いたり、コメントしたりした場合は、自分が名誉を毀損したことになり、刑事罰や損害賠償請求の対象となる。これはわかりやすいが、コメント欄に他人の名誉を毀損するようなコメントがあることを知っていながら抹消しない場合は、一定の場合、自分が第三者の権利を侵害したとされる。

いつもは静かなブログ生活を送っているが、特ににぎやかになると、当然上のように他人が槍玉に上がることもある。「そこまではチェックは難しいだろう」と普通は思ってしまうわけだが、ブログ設置者自身が「関係役務提供者」になると、理屈はそういうことだろう。

慶應大学ら、デジタル放送上にIPデータを乗せて配信する技術を開発 (MYCOMジャーナル)

リンク: 慶應大学ら、デジタル放送上にIPデータを乗せて配信する技術を開発 (MYCOMジャーナル).

すでに各社が報じているところだが、ようやく記事を読んだ。あまり発展的な可能性は感じられないが、デジタル情報の「一対他」型での流通形態である、「デジタル放送」を、IPの世界に引きずり出す、という点においては、歴史的な意義を持ちうるような気がしないでもない。

韓国Web 2.0アプリケーションの動向を探る – CNET Japan

数年前は、日本人から見て、「独自」の世界であった韓国だが、日本が追いついてきたというべきか、だいぶ似通って見えるようになってきた。英語で書かれた原文では、韓国は依然として独自の世界として描かれているが。

リンク: 韓国Web 2.0アプリケーションの動向を探る – CNET Japan.

原文の最後のほうに、韓国の事情を英語で紹介しているブログがいくつか紹介されている。参考になりそうだ。

文書を複数人で共同編集できるオンラインワープロ「solodox」

リンク: 文書を複数人で共同編集できるオンラインワープロ「solodox」.

ネットワーク上で、一緒に編集できてしまうワープロ機能。あまり複雑なことはできなさそうに見えるのと、ワープロ機能を共有して何をするのか、まだイメージがわかないので、なんともいえないが、いろいろ可能性はありそうだ。文書自体をみんなでつくっていくことができれば、集まって会議をしなくてもいいかも、と考えると面白いかもしれない。

スルー力(りょく)の重要性

リンク: スルー力(りょく)の重要性: My Life Between Silicon Valley and Japan.

リンク: いやなブログ – スルー力カンファレンス (スルカン) 開催決定!.

いちいち気にしないタフさって、大事だと思う今日この頃。もともと気にしない性格ではあるのだが。スルー力というある種の「スキル」として見るというのが面白いところだ。
僕の「スルー」しているときの相槌は、結構バレバレなんだそうだが、そこも含めて、スキルアップにつとめたい。

JTPA: 第5回シリコンバレーツアー参加者募集

リンク: JTPA: 第5回シリコンバレーツアー参加者募集.

JTPAでは、2007年3月8日〜11日に学生及び若手社会人の方々を対象にシリコンバレーツアーを開催します。
1. シリコンバレーで働いてみたい
2. 世界のトップレベルの人材と切磋琢磨したい
3. 技術が大好き
そんな方を対象に、JTPAでは第5回シリコンバレーツアーを開催します。
「グローバルなキャリアを築くことによって何が得られるのか」「キャリア構築のスタートとしてアメリカの大学院に留学するには」「卒業後どういうキャリアを追求すべきか」といった疑問に対する答えを出すお手伝いをします。
対象は、学生(大学生、大学院生、高専生)および若手社会人の方々です。
これまでのツアーには70人以上の方にご参加頂いており、いずれもご好評を頂いております。各回の内容、参加者の感想につきましては以下をご覧下さい。

敬和の学生、稚内北星の学生ともに、参加してみる価値はあるように見える。サンフランシスコまでの交通費プラス5万円程度。とりあえず紹介のみ。