「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」–シックス・アパート社長 – CNET Japan


「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」–シックス・アパート社長 – CNET JapanICHINOHE Blog

Voxはそのまま放置状態になっているが。

リンク: 「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」–シックス・アパート社長 – CNET Japan.

たしかにブログの使い方は多様化していく段階にあるように思う。実名/匿名問題にしても、結局は自分で決めるしかないことだし、それをサポートする機能が追加されるのは歓迎すべきことだ。ただ問題は、当初の予定とは別の形で、自己にまつわるブログその他ネット上の記録が、人々の目にさらされる、というリスクが、ごくわずかであれ、存在するということ。それを完全に予測することは不可能だ。

昔、院生の頃、高名な先生とともに、先生の過去の論文を一つ一つ一緒に読むというゼミに参加していた。先生に私淑するあまり論文間の用語の違いを指摘する(というより、「こことここでは、どうして別の用語を使われたんだろう?」と真面目に質問している)院生に対して、先生が一言「20年も30年も前に書いたものの、そんな細かいことは覚えてないよ」とおっしゃったのをよく記憶している。

ネット上では、みんながその先生のような立場になるわけだ。

ただ今のブログの場合、落合先生のような高名な弁護士の先生のブログであっても、ときに滝川クリステルとか伊東美咲に関するエントリーがあったりする。そこで妙に親しみを感じられるというのも、ブログという装置の魅力の一つではなかろうか。あんまり対象者を指定してしまって、そのザッピング感覚を捨ててしまうのも、ちょっと考えものという気がする。