ブログやSNSなどのトラブル対応の方針検討で研究会発足へ–ミクシィなど – CNET Japan


リンク: ブログやSNSなどのトラブル対応の方針検討で研究会発足へ–ミクシィなど – CNET Japan.

レッシグが提示したWeb2.0の本物偽者の話で言うと、「偽者」よりも「本物」のほうが、媒介者としての責任は曖昧になる。そしてもし、これからのインターネットが、より「本物」を志向するならば、これまでの「支配管理」を基準とするアプローチは、限界があるといわざるをえない。

「カラオケ理論」をインターネットに拡張していった先には、こうした限界が見えてくることになりそうだ。

今度の情報ネットワーク法学会で、奥邨弘司先生から「拡大するカラオケ法理とその限界について」という報告が予定されている。あらためて考える機会がもてそうで楽しみだ。その後、小倉先生、壇先生が報告される。

1 個のコメント

  • MySpace日本語版

    ソフトバンクが、アメリカのメディア大手ニューズ・コーポレーションとSNS事業で提携することになったようです。今月に日本で折半出資会社を設立して、ニューズ・コーポレーション傘下�…

  • Twitter

    Facebook

    AppBank Store

    カテゴリー

    2006年11月
    « 10月   12月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    Instagram

    Instagram