Japan Day 2 – SOA Seminar in Japanese!

Japan Day 2 – SOA Seminar in Japanese!
丸山学長が登壇したSOAセミナーについて、別の登壇者であったDave Chappellさんがコメントしている。でも日本語ばっかりで中身はよくわからなかったようで、日本人の名刺交換とか、日本の同時通訳の話が中心。
たとえ有意義な話しでも、日本人だけでしか共有できなければ、やっぱり広がりに限界があるのだ。でも日本語だけで暮らしているとそういう限界も認識できなくなってしまう。
英語で論文書いて、英語で教えて、っていう覚悟だなあ。「日本語でいい」っていうのは、甘えだと考えよう。
もちろん、Yaleでも、Malaysiaでも、英語ばっかりの空間で、僕は逆に同じようなことを感じたんだけど。日本人だから日本語でいいじゃないかっていうのは、やはり現実を無視した開き直りじゃないかと思う。