規制緩和


カテゴリに迷うが、「学問」というほどのものではないかな。
「約束のトラックバック」になるかどうかわからないけど。
いろいろ世の中について考えはじめた人(たち)へ。
卒業していった皆さんがどうしても読んでくれなかった、レッシグ先生の「コモンズ」を今ゼミで読んでます。昨日読んだところに、リソースのコントロール方法についての記述がありました。リソースのコントロールの方法には、法や規範、市場、技術という種類があると述べられているいうことはおさえておこう、卒業生諸君。彼の議論は、非競合的なリソース(誰かとわけあっても減らないっていうこと)である知的財産の保護方法として、法が適切な機能を果たしているのかにここから向けられていくのだけど、ちょっとそれは置いておきます。ここで取り出したいのは、市場が世の中をコントロールするという考え方について。この本では、「前提」になる部分です。
「何でもかんでも国が勝手に決め付けすぎ」ということについて、考え始めたようですね。そうやってまずいろいろ考えてみることが大事です。
大まかには、そういうことを「規制緩和」というテーマで、世間では議論してます。
一般市民、一般企業の商売を国が邪魔すべきではない、というのは、まず原則として今の社会の基本原則です。憲法上も、営業の自由が保障されています。これは市場(しじょう)がバランスを取ってくれるという考え方に基づいています。つまり。高過ぎるものは売れないし安いものは売れる。売れたらちょっと値段上げてもいいかなと売るほうは考える。また、値段だけじゃなくて、品質のいいものは売れるし、悪いものは売れない。そうやって、世の中というのは、競争を促すことによってだいたいバランスがとれるもんだという考え方が、基本にあるわけです。この基本を貫くならば、人の商売に政府が口出しするのはけしからん話なのです。問題はその先。
でも「いいもの」ってなにかわかりますか?世の中、自分の商品やサービスを売りつけるために、いろんなうそをつく人もいるわけです。それを見抜くことは、我々消費者にできますか?たとえば電気屋さんに行って、店員のパソコンについての適当な説明をきいたときに、「ああこういう適当なトークにだまされて買う人もいるんだなあ」と思うことはありませんか?あるいは自分もよくわからないで口車に乗せられたりする人もいるかもしれません。肉の産地が偽装されていたり、BSE感染していたり。これは普通見抜けないよね。
それから、それを売り買いすることが社会的に望ましくないものもあるでしょう。麻薬とか銃とか。これも「いいものは売れるし、悪いものは売れない」という仕組みでは、排除できません。
それとここから先はもう少し複雑ですが。たとえば、先日市内のある本屋が突然閉店しました。どうやら新しく進出してきたビデオ店に併設された書店に、だいぶ客を取られていたようです。それが「競争」だといえばそれまでです。でも、そうやって地元の店が駆逐された後に、やっぱりここじゃ商売にならないからやめるわ、といって、外から進出してきた店も撤退してしまったらどうなるでしょう?どっちも人の商売だからほうっておいていいのだろうか。
どれについても答えをここで書くつもりはありません。でも、国が何も決めなかったらそれはそれで困りそうですよね。今のこの国のムードとしては「国がなんでも規制しすぎる」という雰囲気があります。おおむね僕もそれには賛成です。ただできれば、これをきっかけに、上にあるような問題について、もう少し考えてみてくれるとうれしいですね。
ああなるほどと思った人、もし日本国憲法のテキストを捨ててしまっていなければ、経済的自由に関する記述のところをもう一度眺めてみて。「あー、あいつの講義では何のことやらさっぱりだったけど、そういうことか」と少しは理解してもらえるような気がします。
大学って、「振り返ればそういうことも勉強したかも」っていうことが多いと思います。

1 個のコメント

  • 農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」

    結局、「危険部位除去」だけでは、BSE対策の要にはなり得ないことがよくわかる記事をUPします。飼料管理がなっていない牛など食べられませんね。20ヶ月以下なら輸入OK、などと適当な回答を作成した「日米実務者会合?」のメンバー個人個人が責任を持って尻拭いをしていただきたいものです。罷免請求とかできないのかな?
    ■農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」
    農水省、OIEに牛肉輸入条件緩和�…

  • Twitter

    Facebook

    AppBank Store

    カテゴリー

    2004年9月
        10月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    Instagram

    Instagram