Greeが必要かどうか便利かどうか


Greeが必要かどうか便利かどうかICHINOHE Blog明日一限から授業なのでもう寝ないと。
さっきのGreeのところでコメントがついたところで、ちょっと思い出した。
東京で働き始めた頃、大学院の先輩達と食事をしていて、「一戸君携帯持ってるんだね、私まだなんで携帯が必要になるのか状況がわかんないんだ。」といわれた。いわれて自分が思ったのは、必要かどうかではなく、便利かどうかで自分は携帯を持っているんだということ。
たぶん彼女も今は携帯を持っていることだろう。あ、でも携帯もお金はかかるので「懐と相談」という場面はあるにはある。
さっき書いたように、僕は半年間「Greeってなんか意味あるのかな?」ってずっと考えていた。
WAKHOKの人たちは、技術的特性から入って「面白い」と感じられる人たちが多いのだけど、どうもそういうノリに僕はついていけない。もう少し具体的な中身の部分でメリットが感じられないと、面白いとは思わない人種なのだろう。
ただどうやらソーシャルネットワーキングは、やる前から「面白い」と感じられる人は少ないのではないだろうか。若い人がなんだかわからないけどいじくってみて、どんどんハマっていく世界なのだろう。その証拠に、Gree参加者の属性データでは、30代以上の割合が非常に低い。Greeを使うのに、少なくとも直接的な金銭負担は発生しない。でも、30代以上の人は、「これは何の意味があるんだ?」ということが別の意味での「負担」になってしまうので、とりあえずいじくってみようという気持ちにならないのかもしれない。
幸か不幸か僕はまだ、酔っ払ってへべれけになって「まあいいや、やっちゃえやっちゃえ」という類のドンチャン騒ぎを、やるような精神性は残っている。便利だから使っちゃえ、という感じで、あまり深く考えずに、新しいサービスを試してみるような精神も、きっとまだ残っているだろう。半年遅れの分、歳をとったということだろうけど。

「Greeが必要かどうか便利かどうか」への1件のフィードバック

  1. 頭にガツンと一発

    あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ 夜空のむこうには 明日がもう待って…

コメントは停止中です。